DJI Digital FPV System がスゴかった

https://store.dji.com/shop/dji-fpv-series
来た。見た。触った。
もう一世代ぐらい待ちかなーとか思ってたけど、実際にモノみたらスゴかったよ。
ちょっと衝撃受けた。
今回見たのはあの昆虫みたいなゴーグルと、ドローン本体に乗せる Air Unit。

ゴーグルはメガネをつけても利用可能で、一見重そうだけど全然軽い。
装着感も悪くなく、製品としてお金かけて作ってるぞという感じ。
まともな製品だ・・
本体には技適マークもプリントされている。

Air Unit はアルミヒートシンクのような強度のある箱に入っている。
VTX と受信機の機能が入っており、UART や SBUS でもってドローン本体と接続。
オプチカルコードっぽいのでカメラがつながっている。
アンテナまわりは MMCX 端子で2本出ている。
要求電圧が 2S ~ 4S なので注意。電源別もありかもな。
こちらも技適マークは本体にレーザーエッチングで彫り込まれてた。
搭載対象は5インチ~3インチぐらい。
バラして 85X に搭載した例もあるようだけど、その場合は技適パーになる。
2オペとかできるのかは検証中だけど、まあなんか製品だすんじゃないかな。

いずれもについても利用にあたってはアクティベーションが必要で、どうやらその情報からロケールを設定する模様。
メニューとかも日本語になる。
とりあえず 3ch が利用可能だった。

得られる映像はかなりの衝撃。
Youtubeとかでもサンプル動画は見ていたけど、実際に触ってみると奥行き感とか桁違い。
あとすごく明るい。得られる映像がものすごく明るい。
気になるレイテンシは、ん?やっぱちょっとある?って感じ。
そんなのぶっ飛ばすぐらいの、ものすごい未来感。

電波法的な話については、まあこれからの情報待ち。
買ってきてそのまま誰もが自由に、は難しいんじゃなかろうか。
映像部分のアマチュア無線局としての開局はできそう。
Air Unit とは双方向通信なので、どちらも開局する必要があるのかも。
業務局は技適取れてるので、総務省の申請だけで可能かもしれない。
JUTM を挟むところをどうするか。どうなるかってかんじ。

操縦系も5.8GHzなのかな?
そうすると「免許及び登録を要しない無線局」にはないので、個人が使うのはできないのかも。
https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/drone/
移動無線局としてなら登録次第で5.8GHzでの操縦もできるのかも。

ゴーグルと Air Unit 2個でざっくり10万。
ロングレンジが期待できそうな送信機を加えるとざっくり13万。
各予備部品の値段も見せてもらったが、まあこんなもんかなってぐらい。
あれ、これは消費税前になんとかってパターンでは・・

追記。続きはコチラ。

https://papalagi.org/blog/archives/756

X-Lite Pro 内部RF が使えるようになった

ようやくいろんな問題が解決してスッキリ。

まず外部RFが使えなくなっていた問題は、最新のナイトリーN65で改善された模様。
難しいことにならなくてよかった。

LBT/NonLBT問題について。
これは初期出荷の中にEU版が紛れ込み、D16が使えないなどの問題があった。
8/10の内部RFファームアップで改善しなかったので、Frsky にお手紙を書いたところロケール変更の Lua スクリプトをもらった。
回答速かった。おもったより親切だ Frsky。もっと早く聞け。
これを使ってアレコレやったところ、FCCへ切り替えができ、内部RFで D16 のバインドができるようになった。
ここまでホント長かった・・。

内部RFが使えることがわかったので、ACCESS への移行実験を開始。

X-Lite Pro の S.port に XM+ を接続しファーム更新。
とりあえず使えるようだ。
技適はとれていないので、ちゃんと電波暗室とかで実験しましょう。

Frsky のプロポは多機種で技適が取れたとかウワサがあるが、X-Lite Pro は BLE チップとかもさり気なく入っていたりするので、コストアップもあるだろうし、あんまり個人的には期待していない。

連休中のドローン活動をダイジェストで

■5インチがキタ
Diatone の GTR 548 mk3 という4S機。
まずはお手頃なヤツをとりあえず。
どうせホンキになったら物量作戦は避けられない。
余裕で200g以上なので、改正航空法の申請対象になる。
受信機やらGPSやらつけて DIPS の資料作成中。

DIDエリア外で目視飛行か、屋内飛行なら適用外。
動作確認でちょろっとホバってみた。うん、おっかない。
いろいろ気になるところ(ピッグテールの長さとかキャパシタの位置とか)あるので、コツコツ直しつつ飛ばせる日を待つ。

■HX100を飛ばしまくった
ヒマを見つけては HX100(2S)を飛ばしまくった。
TurboBee 120RS(4S)と比較すると、電圧倍、重量ほぼ倍、モーターの回転数も倍(1104-4200kVと1103-8000kV)という感じ。
HX100 のほうがぜんぜん取り回しがよい。
慣性ついちゃう TurboBee は、いつもの場所だと持て余す感じだ。

そんな HX100 だが、いくつかトラブルあった。
まずはモーターの緩み。
Whoop機だと弾性のあるフレームなので、モーターの緩みはあまりなかったが、カーボンフレームは振動で緩みやすい。
ネジロックなどでカバー。
あと電池を搭載する面がUSBコネクタやらでデコボコなので、緩衝材を追加した。
せっかくなんでアンテナもちょっとおしゃれにしてみたぞ。

■X-Lite Pro のファームアップとかする
XM+ もようやく ACCESS ファームが出てきた。
https://www.frsky-rc.com/xm-plus-mini-sbus-non-telemetry-full-range/
この日のためにケーブルも作っておいた。

これは X-Lite Pro にある S.Port というところに接続し、受信機のファームを書き換える。
最初そこら辺のピンソケットで挿さるだろと思っていたら、サーボなんかの3連ソケット(2250)でないとダメだった。
手持ちのサーボからソケット外して作成。そこだけ注意。

タイミングよく、X-Lite Pro の 内部RF(ISRM-P)のファームアップデートも来た。
https://www.frsky-rc.com/taranis-x-lite-pro/
内部モジュールの本体技適取れてないので ACCESS 使っちゃダメ。
そもそも LBT/NonLBT 問題が解決していない。
これはなにかというと、出荷初期の X-Lite Pro は EU向けのが混在したらしく、このEU版の場合 D16 が使えなくなる。
これが内部RFで D16 が使えなかった主原因らしい。
これのせいか知らないが、OpenTX を最新の Nightly にすると、外部RFも D16 使えなくなる。
一部表示が変更されてて「Protocol Invalid」となっている。なんだろね。

その筋によると修正についてはディーラーに問い合わせとの話だが、こちとら Banggood 相手なので、しょうがない Frsky に直接お手紙書いてみた。
現在回答待ち。
なんか Lua スクリプトで修正できるらしいが、これが出回っちゃうとプロテクト外しみたいなものなので、なかなか渡してくれないのかも。
ちょっと嫌気がさしてきた。
まあこのまま使っとけばいいわけですが。

■ニトリのUSB扇風機が活躍

これもう品切れで売ってないらしいですが。
バッテリ付きの USB ファンで、首からぶら下げて胸の真ん中から上に向けて風を送ってくれる。
もちろん涼しいというのもあるが、これによって顔周辺の蚊が寄ってこない。
他の同様製品(今年はずいぶん売れたらしいね)より機器としてのデザインが秀逸。
手で持たなくていいし、机におくのもよい。
ファンをあげないとスイッチが入らないあたりもよい。
設定時のVTX冷却にも使えるぞ。
1700円弱で安いというのもお値段以上ニトリ。
なにかの参考に。

R31HOUSE がスゴイ

https://ameblo.jp/tencho731/entry-12506421593.html

むかーしそれこそ30年ぐらい前、バブル期の若者はクルマが消費の中心だった。
平成元年にR32 GTRとかが衝撃的で、今でもあの世代はそのまま。
R32は新車で高かったから、R30とかR31とかを中古車でイジったりしした。
その頃、こちらの社長は「R31HOUSE」という R31 専門の中古車屋を始めた。
https://www.r31house.co.jp/
世間的には R32 が圧倒的人気だったように思うが、強い信念をもって開業。
キッズコーナーにラジコンスペースを作ったところ、おそらく走らせる場所に困っていたラジコンマニアの間で話題となった。
https://www.r31house.co.jp/whatsrc
社長は実車のノウハウをもとに、GRK というラジドリキットを開発しラジコンメーカーになってしまう。
https://www.r31house.co.jp/grk
説明文だけでもうおもしろい。
このラジドリって界隈も、ずいぶんとコアな世界で、進化の過程がおもしろいので調べてみるといいと思う。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%89%E3%83%AA
従来のラジコン界隈ってやっぱスケールモデルとして、実車を再現することが重要視されていることがわかる。

その後、精力的にいろんなことをやっていくわけだけど、このラジドリで優勝したワークスドライバーを、実車のドリフト車に乗せプロドライバーに。
今や世界から注目されつつある。
あぶく銭掴んでドン、ってワケじゃなく、自分がステキだって思ったことを情熱でもって地道に積み上げていった結果がコレ。
これスゴイ。
今後も注目していきたい。

えるしつてるか ドローンと電子工作はプラマイ逆

半天球な魚眼レンズのラズパイカメラをゲット。
https://papalagi.org/blog/archives/730
これを Zero につけて、ドラレコキットと組み合わせれば!
https://papalagi.org/blog/archives/668
となると電源を考えなくちゃなー。
電子工作でありがちな座布団 Lipo 使う?充電めんどーい。
と思っていたら、Tiny Whoop 界隈でよくつかわれる PH2.0 コネクタの Zero 電源基盤発見。やったー。
https://www.switch-science.com/catalog/3216/
pimoroniのやつなので、輸入したほうが安いがスピード重視でスイッチサイエンスに注文。
さすがに次の日には到着。
早速ピンヘッダをハンダして電源投入チェック。

ブシュー(パチパチ)

なんと一瞬で終了。おどろく家族。漂う匂い。
シルクのプリントをよーく見ると、プラマイ逆やないか・・(上に切り欠き)

そういえば逆だってどっかで聞いたことあったような。(探したが見つからず)
久々にションボリですよ。
そのままスマホを握り再注文。(割高なのに)
さらに仲間内にPH2.0のオス端子ないか確認。
そして本日、ついに動いた。

これを使ってお盆中にいろいろ電子工作っすね。
入れ物とかも作んなくちゃな。

犠牲と並べて撮影。

ところで、私の界隈ではハンダコテ環境のパワーアップが流行ってる。
様々な道具があるのだが、一番羨ましかったのが Willer の高級ハンダコテ。
コテ先の温度が下がるとブーストがかかるやつで、シカケによってお値段が3段階ぐらいある。なお米アマから輸入がよさげ。
チクショウあれいいな・・・。
コテとは別体で本体を置く必要があり、可搬性にかける。
世界的にも有名な東京のウサギ小屋で暮らす身としては、基本すべての道具はモバイル化したい。(ホントは職場にハンダ場を作りたい)
いいのはわかるが今回は見送り。(いつかハンダ場を・・)

そんな時、千石電商で ANTEX のハンダコテ発見。
https://www.tokiwaelenet.jp/member/MProductDetail.do?id=17848
これは英国製のいわゆるマスターピースの類で、取り回しのよいデザインと手堅い使い勝手で、ロングセラーとなっている。
ボーナスで懐に余裕があったので、店頭で暫く悩む。
15wか18wか?
いや今のとたいして違わないんじゃね?
コテ先の選択で後日苦しむんじゃないの?
としばらく考えたが買った。こういうのを出会いという。
結果からいうと、いいなこれ!
良いハンダ付けは良いハンダコテから。

不幸もひょんなところに転がっているが、幸せもいろんなところに転がっている。

Maker Faire Tokyo 2019 に行ってきた

2日目になる本日、チョウナンと二人行ってみた。
相変わらずものすごい情報量で、相変わらずどのブースも高いモチベーションでもって説明していた。
目標にしていたのは以下。
・hiraxさんのブースに寄る・・できた。本を買ったよ!
・スイッチサイエンスでM5 Stick の類を買う・・売り切れ
・つくるラボのブースに寄る・・できた
・jmz-yamさんのブースに寄る・・できた
・双峰エンタープライズでカメラ買う・・できた
https://soho-enterprise.com/
半天球(187度)なラズパイカメラ。
カメラのモジュールのみを交換することで、既存のラズパイカメラ関連をそのまま利用可能。
モジュールだけも購入できるが、今回はフルセットで買ってみた。
早速 WebRTC momo につないでみる予定。

インフラメンテ展とかでは、ドローンが多数出ていたが、Maker Faire
では Donkey Car が多い。
Jetson Nano を積んだ AIカーが大変多かった。
オレもやりてえ。
Physical Computing で売っていたが、悩んで悩んで見送った。
本体12000円ぐらいなのだけど、5V4Aの電源とか、冷却ファンとか、無線LANボード(ASRockのが技適とれてる)とか揃えると、5インチのドローン買えるぐらいの金額になってしまう。
今回は見送った。

KYOSHOの FPVラジコン(ProSightHD というデジタルVTX使ってる)と、ドローンジョプラスさん?のブース(アナログVTX)が斜向いという状態で、どうしてるの?と聞いたらチャンネルを使い分けているらしい。
デジタルとアナログは混在できるが、やっぱアナログ側がノイズ入っちゃうとか。
ProSightHD は 15ms 程度の遅延だけど、HDMIに送る処理で3フレームぐらい遅れるとのこと。なるほどありがち。
トータル25msなら、この間の DJI のアレと似た感じなのか。
というか変わらないというか。

他には楽器関係は相変わらず強い。
特に印象に残ったのが、レトロゲーム関係が元気だった。
つうか熱かった。
テーブル筐体を再現するのが多かった印象。
「ブラウン管の黒を再現するためにOLEDで作り直したデバイス」とか。
もうそうした世代でなかった人が情熱注いでいた。
エミュレータ、実機、マイコンで自作など幅も広い。
ゲームはちゃんと文化として根付いているなあと思った。ゲームによって得る体験のアイコン化というか。
「あのカービィがDreamcastのビジュアルメモリで!」
そういうのが今のニーズになりつつあるのかなあと思った。
お気に入りのゲームをアクセサリのように持ち歩くというか。

ということで、ネットで色々情報集めているつもりだけど、やっぱりこういうところで並べて見るというのは非常に重要だと思った。

DJI Digital FPV System とはなにか

ウワサになってのが昨夜出てきた。

ページはこちら。日本にするとダメ(おま国)なので注意。
https://www.dji.com/fpv?from=store-product-page

「FPV」って単語の宣伝になるなあというのが第一印象。
VRでなくてARでなくてHMDでなくてFPV。みんな覚えてね!
これはなにかというと、デジタル画像転送システムと操作装置がセットになったもの。
7ms~28msの遅延で4kmまで飛ばせ、720p/120fps の映像が得られる。(各国の法律で使える範囲は様々)
従来方法と比較して、大変キレイな映像が遅延なく得られるのが特徴。
これまで DJI でもあった WiFi ベースのものは最新(Ocusync2.0)でも 120ms ぐらい。
FPVで操作をする場合は遅延の少なさが重要で、今回のこれは十分な性能。
加えてゴーグルはいちおう従来のアナログ映像も得られる。性能も従来どおり。
製品はプロポとゴーグルとドローン本体につける「Air Unit」(操作受信機/映像送信機/録画装置)の3点で構成されている。
現時点では Air Unit が大きいので、搭載ターゲットは 5インチクラスのフリースタイル機という感じ。
お値段820ドルは、買えるのならちょっと買うぞってレベル。

で、これありがちだが日本で売られない。
で、どうなってんだーみたいな話がチラホラ見える。
この手の話に多いのだが、携帯電話回線の5G(第5世代の意味で電波は6GHz超えたあたり)と、WiFiの5G(屋外利用ができないのがよく話題に)なんかとゴッチャになってるようだ。
私もこの界隈はにわかなので、間違えているところあるかもしれないが(勉強するので教えて)、わかっている範囲で説明してみる。

そもそも今回の製品はどういう無線方法を使っているか。
先程のページ一番下にある Notes に注目。(細かい話もここで確認できる)

[3] There are up to eight channels for DJI FPV Goggles depending on the region (FCC: 8, CE/SRRC: 4, MIC: 3). Each channel has a bandwidth of 20 MHz. The default channel is eight and only one pilot at a time is allowed to use this channel. Forgetting to change this channel can affect your connectivity when operating the FPV Air Unit. Channel eight can be changed manually to avoid interference from other devices. All channels operate under a 5.8GHz frequency.

電波技術的には 5.8GHz帯の狭域通信で構成している模様。
20MHz幅で8chとれるが、FCC(米)は8ch、CE(欧)/SRRC(中国)は4ch、MIC(韓国→なんとJapan総務省)は3ch しか使えない。
ウリ文句の4kmの伝達距離も、CEだと0.7kmとかある。
各国の法律でいろいろあるのだ。日本だとそのまま売れないということなのだ。

さて状況を確認してみよう。総務省のこちらのページが参考になる。
https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/drone/
上のリンクにもあるが、日本では1次利用として ETC2.0 がかぶってたり、正直電波の取り合い。
真ん中あたりの 5.7G帯の絵がすごくわかりやすい。
やっぱ日本ムリなのーとなるが、アマチュア無線として2次利用なら使えそう。
実はこうした構成の製品は始めてでなく、AMIMON CONNEX ProSight HD つうのがあった。
https://sekido-rc.com/?pid=104732377
どれぐらい使えるのというのはもう少し情報が必要。
ハムバンド 5650~5850 をフルに使えると 8ch いけそう。
アナログVTXのF8Wだと40MHz離調だが、デジタルVTXは占有周波数帯域幅15MHz程度で DJI の説明にあるように 20MHz離調でイケるとなると、F3Fの場合と同じで 4~5ch 利用可能か?
このあたりは細かい仕様がないとわからない。

利用にあたってはアナログ 5.8G VTX と同様に、第3者機関による開設保証を取る必要があるだろうが、申請に必要な系統図の類を準備できるかが問題。
どこかの代理店が系統図セットでプレミア価格販売がありそう。
そうやっても業務利用には技適が必要。
来年4月に施行される技適緩和の対象になるかどうかは注目ポイント。

操作系も 5.8GHz なのかもしれないが、こちらの送信機を電波法的にどうするかはちょっと想像つかず。
操作系は別でもいいんじゃないかなあ。
Crossfireとかのほうがロングレンジ使えるし。
ということで、操作系が外れた第2世代を待つのもありだとは思った。

とまあ、こんな感じじゃないかと想像する。
間違いあったら教えて下さい。

追記。続きはコチラ。

https://papalagi.org/blog/archives/752

プロポの各種切替をどうするか

5インチ自作機(持ってない)の DIPS 申請資料を作ったりしているのですが。
操作説明書ってのがあって、まとめる機会あったので今回記事にしてみた。

プロポのスイッチ設定はそれぞれに思想がある。
買った状態でできるだけイジらずに済ませたいとか、あんまり考えずに設定したのを使い続けるとか、ハンドキャッチを意識とか。
もちろんプロポによってスイッチの位置も数も違う。
正直そういう話を聞くのは嫌いじゃない。

おっさんはストーリーとか理屈つけて設定することで、覚えやすいと考えており、そのあたりをウダウタと書いてみる。
なにかの参考になれば幸いだ。
設定はズバリこちらのとおり。どん。

大きくわけて左に飛行モード、右に操作モード。
基本的には左右の3モードスイッチに割り当てる。
まずスタートの時点で、全部スイッチが上向いていてほしい。入力は意識をもって押し込むルール。
押し込む段階によりレベルがあがるルール。
モード2なので左手がスロットで、ここは離陸・着陸時に手を離せない。
それゆえ右上がアーム。つまり操作モード。
さらにココには Air が一番奥に設定してある。
Air はプロペラは自動で回るが、離陸時に切り替えることでプロペラストップしつつ離陸というのもできる。
着陸時はこの段階を経ることで、必ずプロペラストップで着陸できる。

加えて、Air + Horizon などの組み合わせも可能。
Horizon って一番使わない。
トリック用の設定ぐらいの認識だが、ならば Air を噛ませるだろ。
つかわないけど。
Angle は Air かますメリットはない。アイドルアップするぐらい。
Angle は屋内利用で切り替える事が少なく、あるとしたら、長い直線で Acro にして角度つけたいとか、どうしても角度足りなくて風に流されてしょうがないって時も 1アクションで切り替えたり戻せたり。

そして屋外は基本 Acro + Air、もしくは Acro。
クリンクリンしすぎて姿勢がワケわからなくなったとき、AngleもしくはHorizonに切り替えて(左レバーを倒し込み)スロットあげると、なんとかリカバリーする。

なんかこういう感じです。
ツルシの状態とは違うので、いちいち設定なおすのが時折めんどうですが、今はコレが気に入っている。

長々と読んでくれてありがとう。

業務VTX予備免許がキタ

うおー長かった。

2月にFPV始めたのですが、これの自由な活用のために、業務局の開局は避けられずと思い、調べ始めたのが3月で、第3級陸上特殊無線技士を取得。
なんだかんだで5月から具体的に動きはじめて、本日ついに予備免許が来た。
めでたい。

これ細かい話をするといろいろある。
具体的には、平成28年総務省令第83号による特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則改正で追加された「無人移動体画像伝送システム」になる。
タイムリーなことに、5.8G VTX で現在の運用の基礎を作った先行者、戸澤さん(JDRI会長)の動画が出ているので見てほしい。

出ている内容でかかる金額がすべてではなく、自前でできるところもあったりなかったり、まあ工夫の余地もあるようなないような。
この手の話は情報も上がって来にくい。
ガチのドローン屋でもわかってない人多い。
最近テレビに出始めたが、おっとみたいのもあったりなかったり。
5.8G系統図で悩む初心者多いと思うが、それの更に難しいヤツ。
いつものことながら、ズバリな情報を書きにくい雰囲気ある。
なんだろねこれは。

で、これが取れるとなにができるかというと、FPVドローンで撮影したデータを使って商売ができるようになる。
なんだカネかという話もあるが、アマチュア無線で許されている範囲はいろいろ解釈の話があり、なんつうか現状リスクある。
そのあたりが商売というくくりだといっそ簡単。クリアになる。
必ずしも商売じゃなくてもいい。

ということで、自由は手間とカネがかかるのかというお話でした。

プアマンズ4Sで TurboBee 120RS 4Sフライト

HX100 が来て、TurboBee 120RS がタルいのが理解したので、4S化することに。
4S のバッテリって、5インチなんかは端子が XT60。
XT30 のを買ってもなんか無駄になりそう。
つうか 2S で飛ばしまくろうと買い込んだんですよね。
ということで、2S を 2カケで使えるケーブルを作成した。
元ネタは kera さんのコレだ。


今回作ったのはケーブル短くしすぎたかな。

念のため分岐側のコネクタはマジックで色つけてみた。

つけた感じ。
あ、ペラも 2.5インチの 3枚ペラに変更した。

で、飛ばした感じ。うん速い。
機体重量も考えると、TurboBee は 4S が標準かな。
じゃじゃ馬って感じでもなく、もう少し設定あげてもいいかも。
カメラの角度も目一杯付けたほうがよさそう。
いつものところだとちょっと狭いかなあ。
調子にのっていたら樹木にささって汗だくになった。
やっと回収したところ。

ということで、いよいよ今度こそ梅雨明けですかね。

暑い!