BETAFPV HX100 がキタ

HQPropとかいう、兄弟ブランドってところで出ていた HX100 が、BETAFPV のラインナップに加わる事になり、30%オフの 84ドルでセール。
ということで、1機仕入れてみた。

これこそ正統派の Toothpick でしょうか。
臓物の構成は 75X-3S とほぼ同じで、カメラが Runcam の Nano に変更されている。

作りはなかなか雑い感じで、最初見た印象はあんまりよくなかった。
なんかいろいろ手をいれたくなるなーって感じ。

Frsky XM+版を頼んだのだけど、アンテナはなぜか1本しかなく。
コストダウン?
2Sでは 2枚ペラ、3Sでは 4枚ペラを使いましょうとあるので、2枚ペラにしてみた。
ありとあらゆるところがギリギリのクリアランス。
アンテナがブラブラしてて巻き込みそうなので、5インチ機にありがちな「インシュロックにアセテートテープでまとめる」方法でアンテナ出してみた。

あと気になったのは、初期アイドルの高さ。20%となっている。
なんとなくいつもの 5% ぐらいに修正。
タートルモードはプロペラガードなくて使えないけど、木の枝に引っかかった時有効なので、とりあえず設定しておく。

前置きはこれぐらいで。
台風で荒天とかって話だったけど、なんか風強いながらも天気良かったので初飛行に行ってきた。

これ、スゴい飛ぶ。

1103の8000kVって、75X-3S を 2S で飛ばした時は、ものすごいタルくて 1103の11000kV に載せ替えたりしたけど、こっちは全然まわる。
2Sで十分イケる。
クリンクリン回してもまるでメゲない。
なお、カメラは EOS2 とはあまり代わり映えしなかった。

いくつか注意点。
離陸がどうもヘタクソな機体で、STAB で飛んでから AIR に切り替えるとかしないと、最初どこにすっ飛んでいくかわからない。
ペラの高さが高いからだろうか。
なんか台とかいるのかも。

アンテナ1本の件だけど、いつもの XM+ と比べると RSSI がやっぱり弱い感じ。
どこかで追加しておいたほうがよいかも。

あと墜落したあと、プロペラガードがないので、モーター回して音で探すができない。
さらに黒主体なので見つかりにくい。
ブザーの設置は必須。

こんな感じかな。
作りの印象は悪かったが飛びはよい。
75X 組み替えちゃってもいいかもしれぬ。
これは楽しい。

追記:書き忘れてた。ダイソーのタッパは SQUARE700 がピッタです。

ドローンフィールド相模湖に行ってみた

めっちゃスパルタンな5インチのみなさんがスタート台に並んでる。

梅雨明け・・なのか?無茶苦茶暑い。
前から行ってみたかった相模湖のドローンフィールドに行ってみた。
ドローン飛行場として、レースなんかも行われているメッカ的なところ。
今回はずばり5インチの見学ですよ。
いちおう 75X とか 75X とか TurboBee を飛ばすつもりで持っていった。
手持ちの中ではハイパワー機だ。

相模湖はそれほど遠くないつもりでしたが、中に入ってからの距離がなかなかあり、車でないと来れない感じ。
電源やなんかも完備。
新参なので周囲のマナー確認しながらテイクオフ。
同時飛行は3機まで。
スタート台を利用する。
反時計回りに各障害をクリアしていく。
飛んでいるドローンがいる間は他の人は安全のため入らない。
車はドローンが来ないところに停めるようにする。
こんな感じ。

ガチな人達の飛行を見たのですが、5インチは全然違う世界。
そもそも音が違う。
Tiny とかは馬力全開が前提で、それをどこまで落とさずに回せるか、って感じだけど、5インチはどれだけ馬力出せたかって感じ。これまでの人生で近い存在はリッターバイク。
普通にフルスロットルなら山の向こうまで飛んでいきそうな無茶苦茶な馬力感。
映像見てても脳からヘンな汁出るなーって感じ。
あと映像キレイなんですが、これって VTX とかの電波がよいのか。
ゴーグルで音を聞きながら生映像見るのすごい衝撃あった。
自分のゴーグル飛行映像がトロすぎて違和感覚えるほど。

いつもの練習場で、あんまりミスしなくなったのもあって行ったのですが、なかなかどうして、しょうもないところに引っかかっては墜落というのを繰り返した。
引っかからずにバッテリフルで飛ばせた回数の方が少ないかも。
特に奥の方は草がそれなりにあり、草に引っかかったら墜落。ブザーなしでは発見困難。
一発目とか、わーいって飛ばして、まずココに引っかかった。
そして何度か探しまくった。
長時間探すと、他の人にも迷惑かけるのでブザー必須。
それでもバッテリ外れとか、配線切れとか、カンペキではない。
あと Toothpick を 2S、3S で飛ばすには機体がささやかすぎて、ちょっと肩身の狭いところはあった。
つうか、ここまで舞台揃えてるのは、やっぱ 5インチのステージですよねー。

で、5インチを導入するかだが、これはもうちょっと段階踏むべきか。
これは相当なリソースを要求する。
そろそろ飛ばしはじめて半年のおっさん、少し落ち着けって感じ。
でもまた Toothpick(ブザー追加)持って行きたいなあと思った。
つうか、おそらく行くんじゃないかな。

ドローン深いなー。ほんと面白い。まる。

屋外ドローン野郎の蚊よけ対策

いつもの練習場に向かい、いそいそと準備してドローンを飛ばす。
なんだけどこのところヤブ蚊がひどい。
飛ばしてるときはゴーグルつけてるし、手は離せないしでヤラれ放題。
「食われてる!」とかなると、集中できないし危ないなコレ。
この間は顔が腫れるほどやられた。マンガか。
ということで「蚊よけアイテム」を検討したみた。
今回は3種類準備。

■エントリーナンバー1:虫除けスプレー
まず柑橘系の虫除けスプレー。
一番強力というヤツを試すが、これはダメだった。
まさに屁の突っ張りにもならない。
襲いかかってくる数がハンパないからか。
それともおっさん臭はそんな程度では効かないのか。(自分で言って傷つく)

■エントリーナンバー2:蚊取り線香
http://www.kincho.co.jp/seihin/insecticide/kincho_uzumaki/mini/index.html
次は定番の蚊取り線香。金鳥のアレだ。
使い切れないから小さいのがよい。
それも腰からぶら下げるヤツがよい。
これは確実な効果を示す。
これまでの人生で度々助けられてきた。
東南アジアをウロウロした時もいつも持っていった。
火を扱うのと匂いがついてしまうのが弱点。
逆にこの匂いは山道歩く時に熊よけに有効。
なお個人的にベープタイプはイマイチ信頼がない。

■エントリーナンバー3:殺虫スプレー
今回はフマキラーの「ヤブ蚊バリア」を使ってみた。
https://fumakilla.jp/insecticide/367/
これが一番実用的。強力すぎるだろ。
かなり強力な殺虫効果とバリア効果が持続する。
よく振ってから周辺にシューッと。
ペットとか金魚がやられるとか非常に強力。よく読んで使おう。
ただ自然いっぱいみたいなところで、これを撒くのはちょっと気が引ける。
場所を選んで使いましょうという感じだ。
街中広場ぐらいならコレでいいかも。

ということで、林道とか山間部とかは蚊取り線香、それなりに街中なら殺虫スプレーがオススメですかね。
これでカンペキとおもっていたら刺された。
キンカン持っていないことに気づいた。
ポイズンリムーバー(ハチとかにやられた時向け)はあったがキンカンはない。
そうしてキンカン追加。
こうやって荷物が増えるばかりである。

TurboBee 120RS あわやロスト

さてドローンはどこにいるでしょうか。

晴れ間を探して、様子見ながらユルユル飛ばしていたのだけど。
ブラックアウトして、そのまま墜落。
操作も切れ、FPV も見えず、どこにおるかわからーん。
こうなるともう足で探すしかない。
しかしすごく草が深い。こういうこともあるんだよな・・
おやコレは?

あったー。

ほぼ諦めていたのだけど、仲間が見つけてくれた。
別電池で通電したら、なにもなく復活。
おもったより目の前で落ちてたが、墜落の原因はわからず。
落ちても目視で見つけられるところで、またユルユルと飛ばすようだよ。

Frsky R-XSR のバインドで受信機つながらず悩んだ

ドローンの受信機は Frsky の XM+ をよく使ってる。

R-XSR という上位モデルがあって、今回たまたま触る機会があった。
相談はある日突然アームしなくなったというもの。
機体は iFlight の CineBee75HD で、ああコレ出たばっかの時に Rx の設定されてなくて悩んだっけな・・と思い出しつつ。
これに R-XSR がついてた。

早速バインドしてみて、Betaflight 覗くが受信機反応せず。
プロポ変えたり、他のとバインドしてみたり、いろいろした結果、どうも FC と受信機のお話できてないようだ。
前回ハマった UART2 に Rx の指定もちゃんとしてある。
ココでいったん時間切れ。

あとはなんだろねーと相談したところ、まっくさんから R-XSR には PPMモードがあることを聞く。
PPMモードってのは昔の規格で、今は SBUS という拡張シリアルを使う。
これか!と思いやってみたらビンゴ。復活した。
混乱しやすいので方法を残しておく。

■バインドの方法
ボタン押しながら電源オン。(独立した受信機でよくあるやつ)

■PPM/SBUSの切り替え方
通電状態でボタンを長押し(5s)。青LEDが点灯したらSBUS

今回はコレで切り抜けた。
CineBee は TPU の 3D プリンタのパーツで、受信機を挟み込む感じになっているので、いい感じにボタン押しっぱになっちゃったのかもな。

ついでに他もいろいろ見てみる。
iFlight の機体は RSSI が OSD に標準で出ないことが多いのだが、やはりコチラも出てこない。
XM+ は「基本設定」で「テレメトリー出力」をオンにして、「受信機」でRSSIを「AUX12」とすると出る。
今回も同じかなーと思ったら、R-XSR では出ない。
どうもフルテレメトリーという高級機なので、送信機のセンサー経由という形になるらしい。
そのためには Smart Port なるシリアルを接続する必要がある。
CineBee の FC はシリアルが少ないので、いろいろ大変らしい。
https://052.jp/iflight-cinebee-75hd-2-3s-whoop-review-part4/
今回は人の機体なのでやめた。
使う時は Smart Port の配線を忘れないようにしよう。

R-XSR は最新プロトコルの ACCESS 使えるんだよなー。
とか言ってる間に、はやく XM+ 使えるようになれー。

Toothpick? TurboBee 120RS(4S)がキタ

ウチにも話題の Toothpick がやってきましたよ。
ToothPick って、SAILFLY-X とか RedDevil とかってヤツが有名。
TinyWhoop用の一番小さいFCを、カーボンプレート1枚のフレームに、2枚の羽で構成するシンプルな軽量モデル。
30gソコソコなのに3Sとかで飛ばす。
レーシングドローンそのままでプロペラガードとかないので挙動もいい感じ。
それが Toothpick と呼ばれているようだ。

さて、今回の TurboBee は3インチなんかである段積み構成の FC を、カーボンのダブルデッキで構成したもの。
どちらかというと「小さい3インチ」って感じの作り。
60gぐらいあり、ちょっと重たいが 4S まで対応。
SAILFLY-X とか RedDevil は仲間うちで買った人もいるので、こいつを試してみることにした。
なによりスパルタンでカッコいいしな!

Toothpick由来?のほっそいモーターアームが、なんか風抜け良さそう。
3枚ペラと2枚ペラが2セットついてくるのだけど、Toothpickらしくまずは 2枚ペラをチョイス。
気になる配線周りの手直しを行って、さっくりバインド、さっくり Betaflightを設定。
で、早速雨の合間をぬってテスト飛行。
バッテリ2Sしか持ってないので、2Sでのテスト。
60gぐらいの2Sってことで、操作感は 85X HD みたいな感じで、慣性残るなーって感じ。
プロペラガードとかないので、非常に素直な挙動を示す。
クリンクリンしたりとか Whoop に比べるとすごくいい。
でも、これは Airモード前提で、ものすごい傾斜させて、馬力突っ込んで、ドカーンと飛ばす感じ。
カメラの角度もすごい上を向かせることになるので、着地もままならんというか。
あと電池の持ちもいいです。

ということで、飛ばすところの条件選ぶなと思った。
あとWhoop のプロペラガード、つまりダクト部分は思いの外抵抗になっていたのだなあと感じた。
個人的には5インチのフリースタイル機への移行がしたくて、覚悟も決めているのだが、飛ばすところがどうしても見つからず、ペンディング中。
しばらくコレで練習だけしておくか、それともこれを煮詰めるか。

追記:ダイソーのタッパーはSQUARE 1100でした。85X HDと同じサイズ。

追記2:3枚ペラにすると SQUARE1100に入らない、、調査中。

追記3:SQUARE1700がピッタだけど高さに無駄が、、なんか予備部品詰めるなどの工夫が必要。

FATSHARKの電源をUSB供給にする

なんか FATSHARK の電源関係はついてなくて、壊れてばっかりいる。
すでに3個壊れた。主にコネクタの不良が多い。
ついでにバッテリケースは18650を2Sで使うのだけど、容量40%ぐらいで 電圧足りなくなるのか、FATSHARK が警告あげる。
使用時間短い。もっと端まで使おうよ。
さりとて昇圧回路をいちいち組むのめんどい。
で、最近は USB の昇圧ケーブル使ってる。

amazonでも安く売ってる。L型を選ぼう。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CG6K14K
9V昇圧と12V昇圧があるが、どちらでもいい。
私は9V昇圧使ってる。
周囲には3S派の人も多数いる。その場合は12Vもアリか。
このコネクタ部分は華奢でパキっといくので、アセテートテープ巻いて補強しておくといい。

使う際の注意は、接続順序にお作法があるということ。
順番として、FATSHARK側のコネクタを挿した後に USB をモバイルバッテリにつなぐ。
この順番でないと、小利口なモバイルバッテリは、昇圧回路つないだ時点で電流ちょっぴりと判断。
FATSHARK接続時に必要なアンペアを出せずエラー音が鳴ることになる。
ここだけ注意。

これにUSBケーブルは予備持っても軽いし、USB電源はなんだかんだで複数準備できるし、自宅ならアダプタから電源供給できるので運用上良い感じだ。

でもこれじゃんファンの電源が確保できないじゃん、という話出ると思う。
これにはメジャーなファンModという、本体基盤から電源供給する方法がある。
https://go.moruchan.net/post-1159
でもこれだと供給電源によって、ファンにいく電圧変わっちゃうので、定電流ダイオードを挟んでおくといいと思う。
そこまでやっても今度はスイッチ問題が残る。
そのあたりまとめてなんかやるのが良い。

しかしそのあたりいい加減改善しないのか、FATSHARK。

BeeBrainLite を Betaflight4.0 に移行した

ボチボチ重い腰をあげて、Betaflight 4 への全数移行を図ることにした。
設定の勘所を理解したのと、やっぱ機能的にも新しいのいいよねってことで。

ウチの BeeBrainLite は、MockingBird 仕様のヤツで、これは主に屋内での接待用に使ってる。
ヘタるのがイヤなので、あまり使わないようにしている。
音が静かで穏やかかつ使い勝手がよく、電飾やらデザインやらが良いので説明とか接待用に最適。

まず本体ファームはコチラから引っ張ってくる。
https://newbeedrone.com/collections/beeductrix-inductrix/products/beebrain-lite-flight-controller-set-frsky?fbclid=IwAR2t5GpvcOqQ81PYup7qlEkB-8CSIYAzeUBXbeCObZDAfUwpFYK0WjV8wYU
引っ張るのは International の 4.0.1。
「ファームウェアの選択[Local]」から焼き付けよう。

細かい設定はもちろん MockingBird で。
https://projectmockingbird.squarespace.com/pmb-setup-guides/pmb-bblite-bf40?fbclid=IwAR1l14jxaE3j2Ku7w2qNLP4R0LK__bRkKw41F4zaDSwpGdfDkttvUYPa-BE
内容をよく読んで意図しているところを理解するといいと思う。
最後のテキストをCLIから流し込んで保存すれば、ほぼ設定完了。
UART1にSmartAudioの設定が入ってないけど、なんかつながる。
Angle用のRateprofileがなぜか3に入っていたので、そのあたりは設定し直した。Profileについては前にもちょっとトラブルとかあった。Airモードでなぜか右レバーのみ反応せず。Profileを書き直して復活した。よく確認すべきポイント。
D16で使ってるけど、今のところ問題なくいけてる。

ウチにある機体の中では、酷使されない貴重な機体。

X-Lite Pro 各種ファームをアップデートする

海外の掲示板を斜め読みすると、いろいろめんどくさいことになっていたので放置していたのだが、そろそろやってみることに。
X-Lite Pro の抱えている問題は 2点。

1:ACCST D16問題
内部モジュールのD16対応。技適ないから使えないけど。

2:PMU問題
パワー・マネージメントユニット。
外部モジュールの電源問題。
出力デカめ外部モジュールが特にひどい。(方法がないわけではない)
技適ありのJP4IN1でも時折起動に失敗する。

そろそろマジメに対応することにした。
あらためて情報整理。
1は Frsky で配布されている、6/5版のファームで改善するらしい。
2も 6/5版で改善ファームが出ているが、なんかいろいろ揉めていた。
7/2版ファーム(アーカイブ内のタイムスタンプは6/26←ややこしい)で PMU は改善するらしい。
結論から言うと、1はまだだけど2は改善したようだ。

手順。途中すっとばせるところもあると思うけど、念の為、お作法通りにやる。
ここの「FIRMWARE」に向かう。
https://www.frsky-rc.com/taranis-x-lite-pro/
落とすのは6/5版。
https://www.frsky-rc.com/wp-content/uploads/Downloads/Firmware/X-LITES_PRO/FW-XliteSPro_190605.zip
あと7/2版。
https://www.frsky-rc.com/wp-content/uploads/Downloads/Firmware/X-LITES_PRO/FW-XliteSPro_190626.zip

1.6/5版を X-Lite Pro のSDカード内「FIRMWARE」に解凍。
2.十字キー+電源ボタンで起動して、「firmware_xlites-pro-s_190605.bin」で本体ファームを焼き付けする。
3.通常方法で電源を入れ直し、左長押しメニューから SDカード内「FIRMWARE」にアクセス。
4.「RF」の「ISRM_PRO_190604.frk」を長押しして、内部RFのファームをアップデートする。Flash Int Module を選ぼう。(おもったより時間長い)

5.「PMU」の「PMU.frsk」を長押しして、PMUのファームをアップデートする。(こっちは短い)
6.7/2版を X-Lite Pro のSDカード内「FIRMWARE」に解凍。(6/5版は消してよし)
7.十字キー+電源ボタンで起動して、「firmware_xlites_pro_190626.bin」で本体ファームを焼き付けする。
8.通常方法で電源を入れ直すと、起動時に勝手に「autoupdate.frsk」が起動しPMUのファームが更新される。
9.OpenTX2.3から最新Nightlyのファームをmulti入れて焼く。(N42にしてみた)

Frsky提供の本体ファームとかで組み合わせを行ってみたが、内部RF D16 は使えない模様。
外部モジュールについてはスッキリ改善したように見える。
またしばらく使ってみる。

amazarashi「未来になれなかったすべての夜に」追加公演に行った

https://www.red-hot.ne.jp/play/detail.php?pid=py17648

いやーマジすごかったっす。
いいおっさんなので、Live!とかちょっと腰が引けちゃうのだけど、ヨメはんが頑張ってチケットゲットしてくれた。
なんと中野サンプラザホール7列目。良席やん。
ということで、行ってまいりました。
いよいよ最終の追加公演ということで、まー看板もねえわ、グッズも売り切れだわ、だけどおっさんにはどうでもいい。
追加公演のみセトリが違っていたようです。

いよいよ生amazarashiを初めての体験となった。
この人も「口からCD音源」な人。
観客も騒ぐ人がいない大変お行儀の良い感じ。
おっさんとして肩身狭いかなーと思ったけど、ちょっとおっさんおばさんもいたね。
若い男性も多かった印象。

今回のは新旧メジャーなものでまとめられた印象だったけど、その分よかった。
いいもの見せてもらいました。
amazarashiイイね。

今の時代に言葉でもって戦える貴重なアーチスト。