Tiny Whoop イジるのに Chromebook Flip が便利すぎる

Windows はいつもの USB シリアルの扱いめんどくさい。
でも Mac も高くて買えないよ。(買ったけど)
ということで、ChromeOS で Tiny Whoop。
この組み合わせがよい。
しかし、どっちもニッチすぎるよ・・
この組み合わせで使っている日本人はいるのだろうか。

オススメはどれかというと、ASUS の C100PA。Chromebook Flip。
10.1インチで900g。起動がちょっぱやで、電池アホほど持つ。
BetaFlight と BLHeli もドライバなしでサックリ動く。

USB もフルサイズが2本刺さるので、Tiny Whoop の接続には困らない。
あと MicroSDHC のスロットあるので、空撮動画やりとりに便利。
Android に Debian も動く。
これはちょっとした動画編集もできるということ。
クラウドにアップロードも簡単だ。
現行機は SoC とか USB-C充電などで強まった C101PA。
https://www.amazon.com/Chromebook-C101PA-DS04-Quad-Core-Lightweight-Touchscreen/dp/B075KFFMZS/ref=sr_1_1?keywords=C101PA&qid=1552135674&s=gateway&sr=8-1&th=1
米アマゾンが安く、なんとなく200ドル台のイメージ。
eMMC のサイズなんて程度の問題なんで、安い方でいいと思う。
C101PA持ってないので試してないけど、動くんでないかな。
なお、愛用の Pixelbook は BLHeli がダメだった。(BetaFlightはイケた)

ということで、Tiny Whoop を出先でイジったりする人、Chromebook Flip をチェックだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。