amazarashi 「未来になれなかったあの夜に」

「未来になれなかったあの夜に」
そのPVを横浜流星が出たというニュースを見た。
ちょっとこの話を聞いたとき、ちょっと違和感があった。
イケメン若手俳優が amazarashi?

なんだよすげーいいじゃないか。ムチャクチャいいじゃないか。
おっさんに刺さる。刺さる。

ざまあーみろー

アクションカメラの性能はどこで評価するか

ドローンに搭載できる録画機能(DVR)付カメラは、安価で性能も素人には十分。
さらに進化が恐ろしく早く、半年前のものはもう型遅れだ。
最近だと、Runcum Hybrid と Baby Turtle がいいなーと思う。
確実な録画を目指すとなると、やはり専用の録画カメラが強い。
ダクトフープでペイロードが稼げるようになったので、そこに搭載するアクションカメラの類を調査し始めた。
普通は使い勝手とか、撮れる映像がって評価だが、そっちは門外漢なので主にハードウェアを斜めから見た視点で評価をしてみる。

ぶっちゃけ SoC とセンサーで決まる。
SoC はスマホの心臓部と同じ。ARM のコアに、GPUとか各種演算系をパッケージにしたもの。
SoC は Ambarella のが一番いい。これは A9、A12 とか番号がついてる。(Apple?)
センサーは Sony のが一番いい。IMX377 とかが人気。

GoPro の話がわかりやすい。
かつて GoPro は Amrarella(米) の SoC を採用していた。(Hero5まで)
しかしながら仁義なき中華の世界。
Ambarella の SoC を他メーカにも提供し始めた。
変わらない製品が安価に出てくるハメに。
そこで GoPro は Hero6 から GP1 というソシオネクスト(日本ですよー)のカスタムした SoC に切り替えた。
これが2017年のこと。プロセスルール 28nm の Cortex-A7 650MHz のマルチコア。
実はこの GP1 が、Hero7、そして先日発表された Hero8 にも採用されている。(Maxはなんだろ?)
日進月歩の世界で3世代にわたり同じチップを使い続けている。開発費が回収できない?
GoPro のピンチさ加減がわかる。

では Ambarella を使ったハイエンドはどこにあるか。
実は「DJI の GoPro」Osmo Action に使われている。
SoC は Ambarella H2。センサーは GoPro と同じ Sony IMX377。
Ambarella H2 も 2017年のものだが、プロセスルールが 14nm で Cortex-A53 1.2GHz のマルチコア。
上記の GP1 と比較すると一世代ぐらい上の性能。
スマホでおなじみ Snapdragon でいうと 820 あたりの性能。
スナドラはその後、835、855 と進化しているが、Ambrella も H22、H3 と進化している。
H3 では 8K に対応するそうな。どっかでもう使ってるのあるのかな。
Osmo Action がいい感じなら、ちょっと値段上がって(Hero8あたり?)このあたり搭載したの出してくるよね。
なお、Mavic Mini にも Ambarella の SoC が搭載されているらしい。DJIとなかよし。
Mavic mini には H22 搭載されているらしい。
https://greyarro.ws/t/dji-mavic-mini-teardown-photos-inc-battery/10817
DJI と GoPro はかつて協業する関係にあったが、どっちだかの態度が悪いだかで別れて、こういう流れになっているらしい。
ああ仁義なき戦い。かつての日本にもこんなことがあったような気がする。(似たような製品乱立)
ちなみに日本だとリコーの THETA とかですが、こちらは Snapdragon を搭載しているそうです。
そんな感じで搭載する SoC とセンサーによって、価格帯が決まっているらしく。
Allwinner とかパチのラズパイについてるアレあたりがローエンドだそうです。

カメラの類はハードウェアの性能だけでなく、使い勝手とかパッケージもあるが、ちょっとした工夫ぐらいだとすぐやられちゃう。
かしこい消費者はセカンドグレードぐらいを数揃えて使うのがよいか。
ということで、GoPro Session をパクったような Runcam5。
https://shop.runcam.com/runcam-5/
こちらのセンサーも Sony IMX377 を搭載。
4K/30fps で、すごい高性能 SoC 搭載というワケではなく、電子ジンバルとか凝った機能はないです。
しかし 56g と軽く、お値段も1万そこそこ。
QRコードによる設定は使い勝手もよく、撮れる映像は IMX377 でキレイです。
まずはこいつでよいと思ってます。オススメ。

なんだけど、今 Osmo Action が 200ドル台なんすよね。
悩む。なんだかんだ試してみると、いろいろ発見があって、やった楽しい!つうのが最近のパターンだし。
どうせ失くしたり壊したりするので数あって困らない世界だし。
セール今月末までなんですよ。

ユニクロのRFIDチップを眺める

ユニクロで RFID 使ってるって話は聞いていたが。

寒くなってきたので、おっさんらしくユニクロで買い出しです。
いつの間にかセルフレジになっています。
このセルフレジ、かごを置くだけで商品名がリストアップされる。
スゲエ!
棚卸しとか一気に自動化できるし、価格の変更もラクだし、スゴイとしかいえない。
RFIDは昔からあったが、コストから導入がなかなか進まなかった。
一気貫通でシステム変更するのは、個別最適が混在していろいろ大変なんで進みにくいという日本的コスト事情もあったのかな。
今回はそのあたりも解決したという。さすがユニクロ。
やってみたら相乗効果で、やっぱよかったねってことになって、そのうち常識になっていくだろう。

さて、そのRFIDチップはどのようなものか。
値札の厚紙に挟み込んである。

アルミのアンテナがデカい。
そして真ん中あたりに粒のようなものが。

拡大。この黒いのがチップだ。

さらに拡大してみよう。

右の黒い棒はシャーペン(0.5mm)の芯。
こういうのをドローンで確認できる時代もくるだろうと未来感を感じる。
これを撮影できるスマホのカメラもべらぼうに優秀だなあと別の未来感も感じた。最近は虫眼鏡がわりにも使ってる。

U199でダクトフープという日本な提案

Mavic Mini も出てきて、規制のかからない200g未満(Under199g → U199)の議論も白熱しそうな今日このごろ。
特に飛ばす場所問題はいろいろあるだろうなあ。
自作機体的には 200g未満というカテゴリをもっと深耕すべきか。

米国や中国の規制外は250g以下。
おおよそ3~4インチぐらいの機体が、そのライン上にいる。
この250gは飛ぶものの総量となっている。
その根拠は、自由落下時の終端速度から、安全と見られる数字を割り出したものらしい。
3インチぐらいだと相当な速度(100km/h超)が出るので、直接ぶつかると終端速度以上の衝撃が出そうなものだが、まあそういうことになってる。
香港の暴動を撮影したのはそういう機体らしい。
https://www.youtube.com/watch?v=PCyrJTmUpNQ

いっぽうの日本は200g以下となっている。
Mavic Mini でもバッテリを減らすというウルトラCで切り抜けた。
こちらの根拠は、2015年の改正航空法ができるときに出たらしい。
一般的な空中を飛ぶ玩具として野球のボールがあり、その重量を参考に 200g と規程したとのこと。
調べてみると、野球の硬球は150g程度、ソフトボールが190g程度のようだ。
なるほど、ボールであれば速度もドローンと変わらないぐらいあるので、なんか説得力もある。
ただしこちらの制限は「飛ぶのに必要ないものはこれに含まない」ということになっており、米国や中国のような総量ではない。
最低限飛ぶのに必要なのは、フレーム、FC、ESC、モーター、プロペラ、バッテリ、レシーバ。
FPVカメラとVTXは判断が分かれそうだが、実際はこれないと飛ばせないので、個人ルール的には含むことにした。
その他の、プロペラガードや、撮影機材、NDフィルタや、LED照明など、取り外し可能なものは総量に含まなくてよい。

これらを踏まえて考えてみよう。
200g未満の機体は、なるたけペイロードを稼ぐ構成で作ると撮影機材を積み替えできて便利そうだ。
バッテリを増やして飛行時間を増やす選択もあるが、そもそも屋内は規制関係ないので、200g 超過しても問題ない。
規制のかかる屋外でも、飛行時間をギリギリ削減してでもペイロードあるほうが使い勝手が良いのではないか。

さて検討してみよう。
U199で馬力側にフルにふると3インチ/4Sとなってくる。
よくあるカーボンのダブルデッキフレームのものになるが、屋内での利用ではちょっとおっかないので、プロペラガードが必要。
そうするとけっこうデカくなる。逆に屋内での利用が限られてしまう。
それよりは、スラストを稼ぐためにプロペラガードを深くし、EDFのようなダクトファン形状のダクトフープがよさげ。
この場合のダクトはプロペラガードなので、重量に含まないという解釈。
ダクトは飛ぶ機能を向上させるが、飛ぶために必須でない。
新ジャンルなところもあり、一部部品は3Dプリンタで自作、プロペラは 4インチのものをダクトサイズにあわせて切るとか、そんな感じで敷居が高かったがそんな中、Donuts という安価なキットが最近流通しだした。
https://www.banggood.com/ja/Donut-3-Inch-140mm-Frame-Kit-MAMBA-F405-Mini-MK2-25A-ESC-GEPRC-SPEEDX-GR1408-3500KV-Motor-HQ-Prop-Duct-3-Cinewhoop-Propeller-Combo-p-1565155.html
これを使って組んでみた。

とりあえず素組の状態での重量確認したところ 252g であった。

先に設定した「飛行に必要なもの」まで減らしたところ 206g まで削減。

VTX とか、アンテナとか、カメラとか、各種ネジ(それなりに靭性の期待できるアルミビスを採用)とかを軽量なのに変更し、ようやく 200g未満達成。

安全装置(ダクト)とかつけると総量244g。

米国・中国でもここまではイケるね。
ショボイ FPV カメラがあるのみだけど。
これにモノを載せてもいいのは日本の法律。

ということで、Rylo を乗せて 381g。

飛ばしてみると、独特のクセがある。
さらに撮影機材を搭載すると重心も変わるので、練習とか設定とか必要そう。
横面の面積広いので、あたりまえだけど横風に弱い。
あたりまえだが、モノを乗せていないと音静か。

Runcum5(56g)とかも準備しているので、また進んだところでレポートします。
いろんなモノを乗せて実験できるのは日本ならでは。
うまく活用して、いろんな展開があることを期待している。

FAI DTRC2019 に行ってきた

東京モーターショーで行われた、日本初の国際ドローンレース「FAI DTRC2019」に行ってきた。
厳密にはゲートLEDの電飾設置お手伝い。

LED は Neopixel ベース。
Neopixel はドローンにも設置されるおなじみのヤツ。
5v印加に加え、シリアル信号を入れることで色を変更することができる。
これはラズパイで作った実験環境。

Neopixel とフレームは某所の廃材を流用。
悩んだのは電源とコントローラー。
5vなので数珠つなぎにしていくと電圧降下し、色が変わったり、点灯しなくなる。
1m 60個、5v 40A で繋いで、一番条件の厳しい白色点灯で実験。

それらの結果から、配線増えるけど、1m単位で個別に電源供給する方法に決着。
電源どんだけ準備する必要があるねん・・と思ったいたら、廃材の中から、電源付きのすごいいい LED コントローラを発見。

DMXでコントロールするガチのものらしいが、テストモードで希望の点灯が確保できることがわかったので、土壇場で採用決定。
現場での施工性を加味して、3端子コネクタとした。

そして製作。(この時点で開催1週間前)
ひたすら電線カットと、圧着と、はんだ付けをしまくる。

そして現地にて高所作業車借りて設置。

実際の運用は NHK でちょびっと映った。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191103/k10012162441000.html

お手伝いとして、かぶりつきの運営テントに置いてもらえたので、レースはもちろん、日向坂46のステージまで、良い場所で堪能させてもらいました。

レースはすごかった。十分エンタメとして通用する。
日向坂46のお客さんも全然違う客層かと思いましたが、帰る人も少なく好評だったようです。

狭い場所での夜間レースどうかなーと思ったけど、
動きの速いドローンレースは、機体の LED で確認しやすかった。
音もあいまって、あーなるほど海外のレースはそれでこうなってるのかと納得。
加えて「世界の MAD-system」で、レース状況を把握しやすい環境構築は重要かなと感じました。
なんせあまり例のないことなので、課題はいろいろでしたが、なんか未来を感じるイベントに参加できてよかったです。

Mavic Mini とはなんなのか

https://www.dji.com/mavic-mini
ウワサのコレ出ましたねー。
アメリカ・中国の規制外となる 250g 以下におさえた。
日本は規制外となる 200g 以下にバッテリサイズを半減することで実現。
カメラは Osmo pocket を使いまわしかな。
上位モデルとの差別化のためか 2.7K に録画サイズは下げられてるが、まあ普通には困らない。
「免許がいらない」というのは非常に訴求力が高いので、たくさん売れて、たくさん問題発生しそうですね。
DJI はフライモアコンボを買うのが基本みたいなところがありますが、米国499ドルで同じのが日本は59400円。
バッテリ半減なのに随分値上がりするやんけ。
と思うが、その秘密はこのスペック表を見るとわかる。
https://www.dji.com/mavic-mini/specs

Operating Frequency
Model MT1SS5: 5.725-5.850 GHz
Model MT1SD25: 2.400-2.4835 GHz, 5.725-5.850 GHz

Transmission Power (EIRP)
Model MT1SS5 5.8 GHz: <30 dBm (FCC); <28 dBm (SRRC)
Model MT1SD25 2.4 GHz: <19 dBm (MIC/CE) 5.8 GHz: <14 dBm (CE)

どうも海外仕様(MT1SS5)は 5.8GHz を中心に構成してあり、4km のロングレンジが実現できるようだ。
日本仕様(MT1SD25)は 2.4GHz で出力も下げられ、2km とのこと。MICがそれ。2.4GHzが足されてる。

Max Transmission Distance (unobstructed, free of interference)
Model MR1SS5 5.8 GHz: 4000 m (FCC); 2500 m (SRRC)
Model MR1SD25 2.4 GHz: 2000 m (MIC/CE) 5.8 GHz: 500 m (CE)

安い海外版を買ってきて、DIPS申請すればいいじゃん or 屋内利用に限定すればいいじゃんと考えそうだが、そのままだと電波法違反。
日本版に海外バッテリを載せて DIPS申請は、改造機の扱いとなり、従来の DJI機とは違うめんどくささが予想される。
まあ手に入ったら、面白そうなので登録をやってみたいけど、それとは別に、アカウントやGPSでリージョンロックかけられる可能性もある。

ところで Mavic2用に使ってる、スマートコントローラーにつながるのだろうか。
https://www.dji.com/smart-controller
Android だからアプリ(今回新たに追加になった DJI FLY)を入れれば使えそうなものなのだが。
Mavic Mini 本体よりコントローラーの方が高くなるけど、アレ使い勝手が大変いいので。
それだとちょっとやる気が増す。どこかに情報ないかな。

あ、お買い求めでしたら、是非こちらまで。

https://ydsnet.shop-pro.jp/?pid=146544965

Android10

Oneplus7Pro を Android10 にアップデートした。

9/18 に来て、いつの間にか1ヶ月以上使ってた。なんだかんだで1度も再起動しなかったような。
安定しまくりでなんの不満もなかったのだが、先週ぐらいから Android10 のシステムアップデート通知が来てた。
バタバタしていたのと、一部未対応アプリがあるとかは聞いていたので、Pixel4 が出る 10/24 まで待つか。
昨夜 Pixel4 の CM 見て、ふとそのことを思い出しアップデートを実行。

Android自体はもう熟成の域で、実際のところ大した変化はない。
画面がヌルヌルスクロールしたり、アチコチのブラッシュアップはある。
有機ELの省電力に配慮したのか、最近流行りのダークモードで統一された。
今後は目に優しいグリーンモニターの復活でしょうか。
Android は今回から、お菓子由来のペットネームをやめ、ただの数字による表記となった。
スマホに適したインターフェースを模索して10年。
当初は厳しかったハードウェアリソースも十分なぐらい追いついた。
デバイスとしては、そろそろ完成形というところか。
スマホの名前も数字を重ねるものになってきてる。
Xperia だけが、この後に及んで「Xperia 1」とかって再スタート的なネーミングしてるけど。
この10年「One」って名前のついたスマホ何回も出た。
「Xperia 1」は値段が高く、いろいろとタイミングを逸した残念スペック。
ソニーがこのパターンに入ると「あーこの界隈もそろそろ終わりなのかな」と思ったりする。

スマホ自体の性能評価も変わってきた。
今だとカメラの性能が数少ない差異化のポイント。
ちょっと前だとセルフィー。最近だと広角から望遠まで対応するマルチレンズ化。
テレビの映像でスマホで撮影したものも利用されるようになった。
最新アクションカメラを見ていると、今後はさらなる広角化が進み、電子ジンバルの活用とかあるかもしれぬ。
ただ完成に至った今の形状から変化するのは進みにくいかもしれない。

映像記録とは視覚と記憶を拡張するデバイス。
実際のところ老眼で見えないとき、スマホのカメラを顕微鏡代わりに使ったりするしな。
自分の目より明るくて高解像度だ。
この視覚を拡張するデバイスってドローンも同じ。
なので、次はドローンが来るよ。すでに面白いよ。

Betaflight 4.1.0 を入れてみた

正式にリリースされた BetaFlight 4.1.0。
早速ためしてみたよ。

まず Betaflight Configurator を入れよう。
https://github.com/betaflight/betaflight-configurator/releases
複数バージョンを使うことになると思うので配慮しましょう。
私は Chrome APP 派で、やり方についてはコチラ。
https://papalagi.org/blog/archives/537
https://papalagi.org/blog/archives/877
もう 10.7.0 のビルドに移行していますが、10.6.0 として使えます。
なお 10.6.0 の最終ビルド番号は#342です。

とりあえず 0802 に積み替えた Beta65Pro でやってみた。
設定が全部やり直しになるので注意。
大きな変更ポイントとして、ファームウェアが2種類になった。

「レガシー」はこれまでと同じタイプ。
新たに出たのが「MTKS」っていうもので、これは Betaflight と FC のファームが分割されたもの。
これによりアップデートを迅速にできるようにしようというもので、今後はコチラが主流になっていくと思われる。

ま、せっかくなんで MTKS をチョイス。
そうすると設定が全部初期化するよ?ってダイアログが出て初期設定値にされる。
ポートから全部なので、ちょっとわかる人でないとやめておいた方が良さそう。
もしくはスクショなどで、前の設定は記録しておこう。
例によって前の Dump は流し込んではダメ。

大きな変更点のひとつ、VTX Table を作成しなくてはいけない。

説明文にある「このページ」を押すとなぜか落とされてしまう。
コチラから json ファイルをダウンロードして使おう。
https://github.com/betaflight/betaflight/wiki/VTX-Tables
これまでどおりだったら「SmartAudio 2.1 (USA)」あたりか。
日本で使えるバンドに限定するとかも可能。
動いたらテキトウにカスタムするといいと思う。

今回の場合、SmartAudio は UART2 に設定。

で、一通り設定して飛ぶところまでいった。

目玉とされているのが RPMフィルタ。
右上のあたりに設定増えているのわかると思う。
モーターのアウターベルについてる磁石の数入れろとかある。

これはモーターを双方向通信にして、よりきめ細かい制御を目指してる。
OSDにもそのあたりの情報が出せるようになったようだ。
ただし RPMフィルタ対応の ESCファームが必要。
BLHELI_S は未対応。
JESCという有償ファームがあるが、モーターの数ぶん準備せよということで、とりあえず見送り。そのうち出てくんだろ。
なおBLHELI_32 は無償で提供されいる模様。
052.jpさんが効果も含めて詳しくまとめています。
https://052.jp/setup-rpm-filter-betaflight-4-1/

フィルター周りの設定がスライドになってやりやすくなった。

ローパスフィルタが改善されているらしく、ココは積極的な活用をするべきか。
電池のキャリブレーションとかできるようになってるけど、まあめんどくさいからやらないかな。
あとは飛ばしながら、試していこうと思う。

「JOKER」を観た

いかにして「無敵の人」ができていくか、というお話。

話題通りのすごさ。
シナリオがよく練られており、ちょっと何回か観たい感じ。
スピンオフというには、肉付けがすぎる内容だった。
いちおう「ゴッサムシティ」というファンタジーのはずだが、ファンタジーになってない。
かなり危うい。いっそ革命礼賛映画にしてくれれば。

「ゴッサムシティ」なので、キーとなる番組も「エド・サリバン・ショー」(61年〜71年)みたいな感じだった。シナトラとかな。
シド・ヴィシャスの「マイ・ウェイ」のオマージュかなってのもある。
階段のところ、ゲイリー・クリッターで踊りだすところなんてマジ最高だ。
そしてクリームの代表曲「ホワイトルーム」(68年)が印象的なシーンで使われる。
この歌詞は抽象的で、作られた時の意図とは違うかもしれないけど、今回の話にえらいことマッチする。
とにかく情報量が大変多い。でもネタはおっさん向けか。

最近似たようなのあったような・・・と思い出したのがタランティーノの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(長い・・こんな時こそ邦題の出番では)で、あの中ではマンソン・ファミリー(69年)がキーだった。
奇しくも同時期。
アメリカは69年あたりを境になにかがおかしくなったと感じているだろうか。
なにか共通の感情を感じる。

陰キャが陽キャを目指したらジョーカーになり、陽キャが陰キャを目指すとバットマンになるのか。
行動力伴っちゃうとどっちも迷惑・・。
とにかく観た人と話をしたいなと久々に思った映画。
おっさんのみんな、観ようぜ。

はじめてのChromebook

Chromebook は出たばっかの2014年から使ってて、それ以来布教活動を続けるも未だマイナーな存在。
最近ビックカメラとかで展示コーナーできたとか聞いて、ついにここまで来たかーと思っていた。
そちらで配布されているパンフレットが PDF で配布されているそうなので、興味のある方はチェック。
https://www.helentech.net/chromeos/2019/10/9873/
個人的にこういう視点での紹介は絶対できないので貴重な説明資料。

我が家はもちろん、実家にも複数 Chromebook あるのだが、たくさんある製品のおおよその傾向を説明してみる。
■基本的に安価で安普請なマシン多し
カッコイイ!とか、軽い!とかでなくとにかく質実剛健。
「こういうのでいいんだよ」という実用重視な地味目のランナップ。
あと教育機関向けとか。一括管理できるので導入も増えているようです。
小さいのとかタブレットもありますが、13インチとか14インチで 2kg ぐらいのが主力。
中華より、かつて主流だった韓国、台湾が元気。
Google のはカッコイイけど、お値段も Mac や Windows と変わらない。
コチラもOEM元は台湾っぽい。

■x86 と ARM がある
x86 の方がシングルスレッド速いので使った感じ軽い。
ただし ARM が主体の Android アプリで時折動かないものあったり。(スマホでもあったね)
そもそも Chromebook の Android アプリは ARM でも動かないものもあるので、まあ程度の問題。
ARM も Rockchip とかなので爆速というワケでもない。
新型を搭載したものも出てこない。32bit のままだし。
つまりどちらにしても現時点では微妙。x86がちょっと元気。

■その他、コアな人が気にしそうなところ
・Aの横 Ctrl にできます。
・Betaflight Configurator は複数バージョン混在可。(今4つ入れてる)
・BL_HELI_S Configurator も入ります。
・Android と Debian が利用可能。(一部制限あり)
・FPV FreeRider でプロポを USB 接続できます。
・PortForwarder 使うと Crostini の Debian から Tello を Python で制御できる。

■オススメ
主に最小セットの方向で。
メモリ4Gはあった方がいい。
ストレージはクラウド主体になるので少なくてもいい。
どうしても増やしたい時は SDカードの方が使い勝手いい。
USB Type-C 充電で、USB-A がついてて、HDMI の出力できるとベター。
液晶の解像度は程度の問題。
フリップスタイルができて、タッチパネル使えるとより便利。
ペン入力はあまり期待しない。

Chromebook は持ち運びにこそ価値がある。
1台目はムダにならない10~11インチクラスが狙い目。
ということで、古いけど ASUS の CP101A。
これ安くてバランスよくできた端末です。
あとは新しめで似たようなのというと C214。もってないけど。
ミルスペック対応で、防水(!)で頑丈だけどちょっと高くて、ちょっと重い。
このあたりがスタンダードかな。
私は US配列原理主義なので、米アマゾンから輸入ですが、上記モデルは日本版もあります。
おお調べていたら C214MA 欲しくなってきたな・・台風の中でキーボード叩きたい・・。