Beta65Pro を Smart Audio で VTX 周波数変更

Beta65Pro を飛ばすことになるわけですが。
Beta65pro の VTX って、実は物理ボタンがついていない。
初期のとか、スペアパーツとか、X系にはついているらしいが、今買ってそのままだとついていない。
Beta65Pro2 にもついていなかった。
その分ちょっと軽いわけですが。初心者やさしくない。

それがあって、周波数5800Hz決め打ちになってて、やっぱり変更できないメンバー同士集まっちゃうと、かぶってかぶってどうにもならなかった。
その点物理ボタンついている US65 はなんとかなってた。
キャノピーもとっくになかったしな。
でもこれから US65 は使わないことにしたので、どうするか検討。

カメラ画像で設定を行う Smart Audio ってを使って変更するのが今のスタンダード。
Audioとか入っているけど、余っていた音声端子使って設定変更するようにしたらしい。
モード2の場合、画面出ている状態で、左レバーを左、右レバーを上にするとメニューが出る。
ココで「FEATURES」→「VTX SA」で設定画面が出るという。

でも出ないんだよね。「VTX TR」になら出る。
設定してみても反映されないし保存もされない。
ウチの箱メガネは矢印の部分が切れて画面に表示されないので、勘でやっていたのだが、うまくいかなくて投げてた。
FATSHARKがあれば・・・
はっ!完全に忘れていたけど、単眼モニタ FPV-003 あったやん。(ホントに完全に忘れていた)
ということで、US65もつぶれたし、再度やる気を出してやってみた。

結論から言うとできた。
VTX周波数変更の方法は3種類ある。
1.Smart Audio を使ってカメラ画像から変更
2.BetaFlight の CLI からコマンドで変更
3.Luaをつかって OpenTX から変更
1は何回やってもダメ。
あきらめて2をやる過程で気づいた。
port に smartaudio 設定されてない。
UART2 に TBS Smart Audio を追加した。

これで Smart audio 試すが改善せず。
2のCLIの設定に進む。
dumpしてファイル保存。(バックアップ)
その上で下記コマンドを順番に実施。

set vtx_band = 4
set vtx_channel = 1
save

最後のコマンドで切れて再起動すると思う。
バンド4、チャンネル1は 5740Hz。
そこはココのページを参照。
https://github.com/betaflight/betaflight/wiki/VTX-CLI-Settings

これを行った後は、Smart Audio がちゃんとした。もうこれでバッチリのはず。
「VTX SA」でチャンネル変更の画面になったし、保存もできるようになった。
検索したが意外に情報なかったので書いておく。

3の Lua を使う方法は手元に OpenTX のプロポなかったので試していない。
プロポの液晶画面で設定し、スクリプトを送り込む方法。
これはこれで便利そうだ。

ということで、ペラも Gemfan に変えてリフレーッシュ。
予備がまたなくなったので、Beta65pro を追加発注した。
でももう FATSHARK ないと伸び悩み。
機体も壊れてばっかりだし、少しペース落とすようか。

US65 2号機もお星様になる

あんまり書きたくなかったのですが。
壊す頻度が高すぎないか。

相変わらずガンガン飛ばしていて、ものすごいボロボロになって来た。
起動が遅くなってきて、ESCの音がずれて再生。
アレこれって前にもあったような・・
フレームも限界だし、ピッグテールも弱っているので全部交換してピカピカに。ただしアンテナはどっか飛んでった。それでもなんとかなる。

飛行時間も復帰し、いい感じで飛んでいたのだが、なんかクルクル回るように。
なんだなんだと調べているうちに「No Gyro」とかいってARMしなくなった。
またジャイロ壊しちゃったらしい。
まあバンバンガンガンぶつけてるし、いつも練習している場所は高さが確保できるところで、床コンクリートという状態なんで、ジャイロダメになったのだろうか。

予備機の Beta65Pro に切り替えることになるのだが、コレ手持ちの箱メガネだとブラックアウトひどすぎて使えないんすよね。
マジ困った。
目視に戻って Mockin Bird でもやっておくべきか。
なおもう US65 は買わない。

Tiny Whoop イジるのに Chromebook Flip が便利すぎる(続き)

Chromebook Flip で FreeRider 動きますか?
おお。確かにそこは気になるところかもしれず。

ドローン関係は、この手のシミュレーションがバカにならない。
部品破損に悩まされる日々だが、まあ実機を飛ばせるのがベストだろう。
なかなかな飛ばせる場所がない人はシミュレーションも重要だ。
これがプロポを入力装置として使え、HDMIの出力があればFPVゴーグルに映像を映してやることもできる。
これまた様々なプラットフォームに対応してて、一番お手頃な感じなのが Android。
Chromebook はコンテナを使って Android を動かせる。
特殊な実装なので動いたり動かなかったりもあるのだが、FreeRiderに関しては動くようだ。
T8SG Plus をコントローラにして、HDMI から FATSHARK(DomV3←自分のではない)に出力してもらった。

その他にも手頃にやれないの?というと、3DS そっくりな中華なAndroid のGPD XP Plus でもできた。

こちらは付属のアナログスティックでも操作可能。
ストローク短いから大変だけど、なんでも慣れるものだ。
もちろん OTG でプロポつけるのも可能。
HDMI出力がついている(これが地味に便利で活用している)ので、FPVゴーグルの類にも出力可能。
合間の時間にも手軽にシミュレーションしたい人は参考にしてみて。

Tiny Whoop イジるのに Chromebook Flip が便利すぎる

Windows はいつもの USB シリアルの扱いめんどくさい。
でも Mac も高くて買えないよ。(買ったけど)
ということで、ChromeOS で Tiny Whoop。
この組み合わせがよい。
しかし、どっちもニッチすぎるよ・・
この組み合わせで使っている日本人はいるのだろうか。

オススメはどれかというと、ASUS の C100PA。Chromebook Flip。
10.1インチで900g。起動がちょっぱやで、電池アホほど持つ。
BetaFlight と BLHeli もドライバなしでサックリ動く。

USB もフルサイズが2本刺さるので、Tiny Whoop の接続には困らない。
あと MicroSDHC のスロットあるので、空撮動画やりとりに便利。
Android に Debian も動く。
これはちょっとした動画編集もできるということ。
クラウドにアップロードも簡単だ。
現行機は SoC とか USB-C充電などで強まった C101PA。
https://www.amazon.com/Chromebook-C101PA-DS04-Quad-Core-Lightweight-Touchscreen/dp/B075KFFMZS/ref=sr_1_1?keywords=C101PA&qid=1552135674&s=gateway&sr=8-1&th=1
米アマゾンが安く、なんとなく200ドル台のイメージ。
eMMC のサイズなんて程度の問題なんで、安い方でいいと思う。
C101PA持ってないので試してないけど、動くんでないかな。
なお、愛用の Pixelbook は BLHeli がダメだった。(BetaFlightはイケた)

ということで、Tiny Whoop を出先でイジったりする人、Chromebook Flip をチェックだ。

白日

いやあ今月末で異動ですよ。
25年間在籍した現職場から、ついにこの年で出ることに。
これまで経験したことないような感情ですよ。
こんな年でも初めてってあるもんです。
King Gnu の「白日」の歌詞が超ささる。ささるよ。

そういえば、少数ながら古くからの読者の方は知ってるかもしれないですが、今年は息子両方共受験でして。(大学・高校)
なんとか二人共サクラ咲きました。よかった。マジよかった。
大変だったんですよ。やるもんじゃない。
ホントに大変だとブログにも書けないんですね。
そのくせ取り憑かれたようにドローンやり続けてたじゃないか?
まあそのとおりなんですが。

チョウナンは理科系の大学に入ったので、ココで「武器」を持たせることにした。
Macbook Air 16G/512GB。学割使っても高かった。
なんかハイエンド中華ノート3台分ぐらいした。
「リンゴとレンガとLINEは使うな」という家訓があったのですが、ここで Macbook。
Paralles 入れて、Windows と ubuntu を使わせようかと。
ここからはプログラム言語使うの避けられないし、特定の OS に縛られるのもツライ。
カネかかってもコレをやらせておくべきかなと。思惑どおりにいくか。
願わくば、私にとっての X68K みたいな存在になることを願う。

ジナンは最近ビアンキを買ったのですが、通学に使えないということで、明日ママチャリを買いに行くことに。

そんで受験の終わりとともに Youtube Premium に登録した。
ウチはなんか Youtube 使用率がスゴイ高いんですよね。
他はあまり使わない。
そしたら、これスゴイ快適じゃないですか。
ついでに Youtube Music ものすごい便利で。
直近に聞いた音楽20曲をローカルにダウンロードしてくれるとか。
ものすげえ便利。
1780円/月はちょっと高いかと思ったが、全然OK。
払うよ払う。
ということで、なんかまた時代が動いた気がする。

ふと気づいたら息子2名の身長は、ほぼ同じ高さになってた。

RaspberryPi 3A+ が届いた

はるばるイギリスからやってきた。

思ったより大きいな。でも手に馴染むサイズではある。
正方形なのがいいのか悪いのか。

LEDの窓がついてて、その部分は Zero で困ってたからナイス改善。

でも部品がすぐどっかに飛んでいくので、どうにかならないか。
メモリ出すところと、フレキ出すところが共通。
カメラとかGPIOの蓋は今回つかない。
まーちょっとなにか動かしてみますか。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ 2019

https://natalie.mu/stage/news/321821

次のヘドウィグが出ると聞いたのは昨年末の頃だったか。
とりあえずこれまで国内のヘドウィグについて皆出席な私。
JCMのヤツを見た(次の日熱出して寝込んだ←頑丈が取り柄なのでとても珍しい)ので、もういいかなと思ったりもしたのだけど。
この記事のビジュアルみたらなんかいい感じじゃないか。
アレンジなし直球。王道というか。
で、女王蜂のアブちゃんがイツハクで出るって。
こっちはこれまでにない感じだ。でもイツハクっぽい。
これは観に行く必要があるのでないか。

女王蜂はどろろのOPになった「火炎」カッコイイね。

1Sバッテリいろいろ

バッテリがパンパンに。

1ヶ月ぐらい使いましたか。
バッテリの数が少ないときなので、すごい回転数で使った。
LiPoって出力強かったりすごくいいのだけど、なんせ危ない。
燃えたりすると大変。
ということで、異常があったら迷わず捨てる。
塩水に入れて放電させてゴミとして捨てる。
いちおうこういうことになってる。

そして追加のバッテリ。
1月末に頼んでいたバッテリがついに届いたよ。
春節を超え、海を超え、ついに届く。

中国からバッテリ買うのはやめたほうがいい。

JSH2.0の電源コネクタが、すぐダメになる。
この手の接点抵抗には、いつものなにかがあったような・・
そうコンタクトZ だ。
http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higaax16.html#160226
モーターやら電源やらの端子をこすったら、すげえ調子がよくなった。
考えてみたら、電源コネクタだけでなく、バッテリの端子も劣化するわけで。
コンタクトZでの補修はどちらでも効くわけで。
これアンテナ端子とか、あちこちに有効そうだ。
人生で何度めかのコンタクトZの効果を感じているのであった。
ありがとうコンタクトZ。

USBはんだごてが便利だった

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/215/215227/

あいかわらずドローンしか頭にないワケですが。
出先ではんだごて使いたいなって場面が多いわけです。
むき出し基板に電源ケーブルそのままハンダみたいな構造だから。
電源ケーブル(JSH2.0)も、いいテンポで壊れていくし。
工具箱にかさばらないぐらいでないかなーと思って、そういえば昔話題になった USB のはんだごてを思い出した。

たしかサンコーレアモノショップで1,980円とかだったと思うが、今は1,000円以下でいろんなところが OEM として売っている模様。
今回はアマゾンで750円であった。
8Wしかなく、コテ先が急激に加熱するタイプなので、ウラを返すと熱を持っていかれるとなかなか温度が上がってこないという特徴がある。
なので、ばっと温めての一発勝負を繰り返す運用。
ばっと温めてケーブルとって。
ばっと温めてハンダ盛って。
ばっと温めてケーブルつける。
慣れるとテンポよくできる。
逆にハンダ面積が多いようなところを温めるのには不向き。
使うところを選ぼう。
なによりUSB電源で動くのは助かるし、8Wしかないので基板への影響も少ない。
そしてコンパクトで持ち運びしやすい。この間のトラスコにどんぴしゃ。
コテ先とか交換はできないが、本体まるごと使い捨てのイメージですかね。
持っておいて損なし。

RaspberryJam 行ってきた

もう先週末のことですが。
東京マラソンやっててですね。
交差点の先にあるビルに行くために地下のダンジョンをまわるということに。
会場はサイボウズ。
この手の共創エリアを最近よくウロウロするので、それを見に行くのも目的のひとつ。
IT系にありがちな感じで気合入っていました。

ラスパイのお話をいろいろしてもらえた。

ケンブリッジ・セントラルのラズベリーパイストア。
頭の中は目指せアップル。
元々名前はアップルからインスパイアされた。アップルガガガ。
行くときは開店時間に注意。日曜日は17:00までだ。

ラズパイ4は2020年に出るといいね。

3A+ の技適は遅れてすまん。がんばってる。

Compute Module はLTSを考えている。2026年とかまで。
長期系はリソース的につらいけど。
SoC の変更はこの限りでない。

Zero の問い合わせが産業系から多いがカスタムは難しい。
安いから使いたいというより、このプラットフォームだからというのは財団も了解している。
でもそういう用途は Compute Module を使ってくれ。

Kubernetes をラズパイで。← これが一番驚いた。
サイバーエージェントのこの記事。
https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/19478/
お家で Kubernetes。なんだこれやりてー。

ラズパイ代理店である KSY からも。

このイベントをキッカケに、レゴ互換の電車おもちゃを販売。
レゴブロック+Raspberry Piで、操縦できる機関車が作れる新商品「Bridger」。
ラズパイを全面に出してアピールしているわけではない。
最終的にバラバラにして、ラズパイに気づき活用してもらうというコンセプト。

あとHDピコレーザーとか出てた。
レーザープロジェクタなのだが、部品メーカーからはプロジェクタというなと言われている。
でもプロジェクタっって言わないと説明難しい。
フォーカスフリーなのがなにか使えないか。
ピコレーザーはHDMIだったが、HATのようなものも作ってみた。

あとはビジネスのニーズが増加。
元々ラズパイは教材やホビーだったので、量産に耐える形で設計されていない。
うまくいかないパターンもあった。
それで産業用のアルミケースというのを作ってみた。
不格好だけど、取り付けられたり、オプションが多かったり。
ぜひ使ってねとのこと。

その他ではユカイ工学さんから、出たばっかりの codama が展示されていた。
https://codama.ux-xu.com/
ラズパイ用のマイクアレイで、ビームフォーミングとかできる。
13,500円と値引きされてて、ちょっと欲しかったがドローンでお金ないので見送り。

ラズパイ元気だなあ。