WebRTC Native Client Momo がスゲエ

ちゃんと使えるFPVカメラが合法にならないか。仲間とアイデアを出しながら常に考えている。
そんな中、WebRTC と MQTT 使った FPV ラジコンが Twitter に流れてきた。
https://twitter.com/shirokunet/status/1135465368636387328
すごい。汎用でまとまるのすごい。そして遅延少ない。
採用されているのがコチラ!
WebRTC Native Client Momo
https://github.com/shiguredo/momo
ちゃんとハードウェアデコーダ使ってるので高速。
さらにラズパイ版はバイナリ配布。お手軽!すばらしい!
とりあえず最新の 19.07(プレビュー版)を引っ張ってきた。
ラズパイは 3A+ とかいうマニアックな環境で動かしてみた。(ARMv7)

マニュアルどおり p2p モードで下記のコマンドを入力。
$ ./momo –no-audio p2p –port 8080
怒られたので、下記のように書き換えると動き出した。
$ ./momo –no-audio –port 8080 p2p
あわせ鏡にして遅延を見える化してみた動画。

720p で 200ms ぐらいの遅延とのこと。
DJI の最新画像転送 Ocusync2.0 で120ms~130ms とか。
Ocusync1.0 で 160~170ms だったことを考えるとかなり優秀。
これがんばったら Tiny Whoop に積んで FPV 飛行いけるか?
ちなみに 5.8GHz アナログVTXの遅延は15msec~40ms ぐらいらしい。私は知らなかったけど、この手のサービスとしては有名なところなのかー。
WebRTC SFU Sora
https://sora.shiguredo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。