DaVinci Resolve を使おう

Quikでドローンの動画編集をしのいでいた。
やっぱちゃんとイジる必要があったりして。
しゃーなし DaVinci Resolve を使いはじめた。
テキトウに切り貼りできて、文字ぐらい打ち込めれば十分。
ガチすぎて覚えるの大変だろうな、と思ったが無料なのには勝てない。
でも手持ちの Windows ノートだと 8GB しかメモリないのでツライ。
ということで、昨夜チョウナンの Macbook Air (16GB)に入れて、使いこなせるようになれ or 必要な時はちょっと貸して?とした。
そしたらタイムリーな記事が本日あがっていた。

無料で使える本格動画編集ソフトDaVinci Resolve、実は強力なDAW機能も!
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1190741.html

ドローン映像の場合、音声部分は大体ノイズなので、削除してテキトウな無料音楽をつけるパターンが多いが、なんか実は DAW 機能がスゴイ。知らんかった。
確かに記事見る限り、スゴイ高性能だ。
ガチの人は Linux 版つかうのかー。
実はがんばって crostini に組み込めないかがんばったがダメだった。

ということで、DaVinci Resolve を使おう。
あと Abletone の Push2 とかも気になる。
なんかこの手の制作ツールも代替わりしてきた気がする。

ドローンバックどうしてるって話

先日、ドローンの荷物の運び方についての話が出て。
車中心か電車中心かで、パッキング違うねって話。
釣り道具なんかもそうだけど、車だと全部積んで回るが、電車だと最小限をバックパック化する。
車中心だと、ペリカンみたいハードケースに穴開けたスポンジでマウント。
あこがれるね!
でも電車生活のウチの界隈だと、だいたいみんなドローンバックにして、それを背負って歩く。
モバイラーなのだ。
ドローン用バックパックというものもある。
が、空撮機向けというか。
一眼レフを運ぶようなカメラザックを使っている人が多いようだ。
要求されるところも大体似た感じではある。
なので自分で工夫するが正解。たのしいね!

今回自分が使っているタックルというか、ドローンバックの中身を紹介してみよう。
とりあえず手持ちにあるもので、後日マジメに考えるかーと思っていたが、思いの外コレは悪くないんじゃないかと思っている。
バックは MysteryRanch の 1day Assault。
使ってる感じはこんな感じ。これがドローン用途にドンピシャ。

MysteryRanchは似たようなモデルがたくさん出ているし、ついでに同じ名前でも販売時期でモノが全然違うので、モノ見ながら決めるといいと思う。
ポイントは縦長で3wayジップ。仕上がりが細身になり電車運用で便利。
地べたに広げて、荷物が全て一気にアクセス可能なのがよい。
ついでにPCも入る。
PCは各種設定と動画編集とか、シミュレータで使うことがあるので、必ず入れるところがついていることが望ましい。
他のバックパックにする時も、ココは重要な選定ポイントかも。

入っているのは、道具箱に使ってるトラスコと、バッテリ入れに使っているトラスコ。
スタッキングできるので便利。
金属でちょっと重いが、頑丈で屋外に置いたときには熱を吸収するヒートシンク代わりにできる。
ハンダコテの台とかにもなるかな。
バッテリは最悪発火しても金属ならちっとマシじゃね?ぐらいのノリ。
各種ドライバや歯ブラシ(100円ショップにいろんな形状があります)、接点用のコンタクトZ、5.8GHzのアンテナ、SDカードとそのリーダー、爪楊枝とかピンセットとか。
瞬間接着剤とか、アセテートテープとか、強力両面テープとか、レザーマンとか。

ゴーグルは FATSHARK 純正ケース。
上下逆に入れると、スタッビタイプのアンテナを付けたまま収納可能。
純正の 2S バッテリシステムがポンコツすぎるので USB電源運用へ転換中。(乞御期待。ちょっとみせ)

プロポは X-Lite Pro 純正ケース。
コンパクトになったかと思いきや、T8SG Plus のケースの方が小さかった。
まあでもコレも隙間多いケースなので、いろいろ突っ込める。

Tiny Whoop を入れるのはタッパー。
あちこちまわって調べたが、奇しくもすべてダイソーであった。
コチラにまとまっている。
https://xn--w8j1bps3l.net/282.html
・65mmは 300ml 3個セットのやつ。
・75mmは SQUARE 700ml。
・85mmは SQUARE 1100ml。
65mm はピッタリ。
75mm、85mmはちょっとブカブカ。
周りにスポンジ貼るなり、ペラなんかの予備部品も一緒に入れとくなりしておくとよい。

あとは必要に応じて充電器とか無線機とかWiFIルータとか、ゲートとかまあいろいろ。
屋外でやる時は、ヘリノックスのパチ椅子(2000円台)を持っていく。
20Lぐらいのこのバックパックにアレコレ入れ替えて使ってます。
とりあえずこんな感じ。
もっとたくさんを詰め込みたい要求はあって、その時はカメラバックかなあと思ったりもするが、バックパック自体が重いってのもどうかなーと思ったりもする。
ジナンが通学に使ってる、NorthwestのBGダッフルとか、よさげだなーとか思ってる。
https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NM81815

PIDベンチ台をつくる

PIDも含めたモーターの設定はいろいろ意見があって、いわゆるセオリーみたいなのが、あるような、ないような。
すごく上手に飛ばす先行者は「デフォルトでOK」という意見があり、おそらくそれが正解。
実際ガッツリ飛ばせる人は、あまりそこに重きを置いていない。
経験で持ってなんとか合わしちゃうようだ。
そこで悩むより飛ばせ!は正解。

でもデフォルトがなかったら?
65mmブラシレスに0802積んだり、75mmに1102積んだりした時が困る。
「改造するな」という意見もあるが、長く飛ぶのはありがたいんですよ。
あと Betaflight4.0化した時に、素から作る機会が多い。
前の数字持って来ればいいじゃん、という簡単な話ではない。
というのを最近理解し始めた。

世間で「これがベストセッティング」と出されている MockingBird は、実際かなり攻めた数字だと感じる。
時折、あーPが高すぎるなー(キャブの燃調薄いなあ、みたいな感じで)というのを見かけたりする。
出力カーブは好みとして、PIDはそれなりに調整(さげる)しないと厳しいなあというのが個人的に感じているところ。
そもそもパラメータが多すぎる。
羽の状態、トータル重量、バッテリのケーブルも含めた劣化状況、モーターの劣化状況などなど。
設定は緩めにせざるを得ない。
でもどう緩めにすればいいのか?

ということでベンチ台作成。やってみるしかないな。
Tiny Whoop よりは、もっとデカいのやる時にいるかなあというのを想定したが、思いの外効果があったので、100円ショップで買ってきた小型の簡易版も作ったりした。
なんのことはないゴム紐で左右引っ張っているだけだ。
P→D→I の順番で追い込んでみた。
SmartAudio で変更すると簡単。ゴーグルではなくモニタを準備すると捗るぞ。
これでオリジナルの PID を作り始めたところ、ブルンブルン Prop wash してた Trashcan が、すごくおとなしくなったりして、なんかやっぱ PID って重要なのかな・・と思い始めた。

これだ!というセオリーを伝えるに至らないが、機材をイジりたいクラスタは、やってみる価値はあると思うよ。

75X を2機体制にした

BETAFPVのレース観戦以降、今週はいろいろあった。

3月頃から使っている 75X(ESC 10A) 1号機を、先週末久しぶりに屋内で Air で飛ばしてみた。
屋外慣れしてて操作が乱暴になっている。
速度つきすぎて、勢い良く鉄骨にブチあたって VTX が壊れた。
VTX 予備のヤツに入れ替えたら、次のクラッシュで XT30 のケーブルが切れた。
さらにバラしたら ESC のコネクタが割れて端子グラグラなのを発見。

もうアチコチにガタ来ているなあ。
XT30コネクタ付け替えて、ESCのコネクタは瞬着で固めて、端子のハンダを修正。
これで復帰した。
この ESC の接続コネクタの部分は構造的に弱点で、クラッシュするたびにストレスがかかる。
ケーブル接続にするってのも改善の手かもしれないけど、なんせこまけえんだよ。

そしてセールになっていた 75X(ESC 6A) 2号機が届いた。
ペラは Gemfan で予備1セット。
キャノピーもオマケ1個、350mAh の 2S Lipo 付き。
ないと言われていた LED ボードもついてきた。
これは仲間内では入ってない人もいたみたいなので、在庫にもよるのかな。
部品は一回全バラしてチェック、気になるところは修正しながら再組み上げ。
電源入れてみるとなんかモーターの音が静かだ。
新品はこんなものだったのかー。
ついでにコチラの方が飛行時間が長いのはどういうことか。

これで2機体制に。
2Sバッテリも多数追加した。
とにかく壊さないよう、飛行時間を稼ぐ方向で。
でも楽しくてつい無理しちゃうんだよね。

あ、そういえば。これも75Xの弱点、バッテリホルダの折れ。
3Dプリンタを使って TPU でバッテリホルダ作成した。

こんな感じ。フレーム部分は頑丈なので、また再利用できる。
75X-HD っていう、4Sまで対応した機体がもうすぐ出る模様。
その時はバッテリはホルダから、85Xみたいなストラップになるんじゃなかろうか。
なお、この 75X-HD って、新型の AIO FC に 85X HD の Caddex Turtle v2 載せたような感じ。
でもこれだと 85X HD でいいんじゃないかなあ。

航空計器からドローンの制御を考える

Air モードの楽しさに目覚めた日々。
仲間内であーでもないこーでもないやっているワケです。
FPV映像と外からみた動きの差異とか。
「今のループうまくいったねー」と言われて、後から FPV 映像再確認しても差がよくわからんとか。
FPV映像のどこ注目すればいいかわかってない。
これまで経験したことないことを解釈するのにいろいろ言語化。
私がオッサンなので、周囲もオッサンばかり。
趣味人が多いので、これまでの経験から知識を持ち寄ってやいのやいのやっている。
若いとそんなのいらない。言葉にしなくても覚える。

そんな中、ピカーンと来たのが下記の記事。
https://drone.beinto.xyz/flight-simulator/good-operate-fpv-multicopter-in-sim/
前進した時にエルロンとラダーでつく角度が逆なので、両方を組み合わせて機体を水平にして回すのだ、と。

Angle で FPV をやり始めると、エレベータ(前後方向)で前に進みながら、ラダー(回転)で方向を変える感じになると思う。
多少はエルロン(横方向)とか使うけど、まあ前に進んでいくのが車と一緒でイメージしやすい。
ここが Air で Angle と同じようにラダー中心で動くと視界が傾く。
傾きを戻すためにラダー戻したり。戻しすぎたり。
Angle の時は、姿勢制御するためにある程度エルロンを制御側で入れているのではないか。
そこも Air だと人間側で入れなくてはいけない。
ウラを返すと、これを活用するともっとスムーズな操作が可能になる。
あらためて文章にしてみると、Tello の時代にどうにか高速に曲げるために、そういう入力してたっけな・・とか思い出した。
そんな話をファミレスでしていたのだが、えーなんか、するってーと、ちょっと待てよ?みたいな感じに。

そしたら「ターンコーディネーター」の話を教えてもらう。
http://pilot-sunaga.com/post-183
ちゃんとそういう計器があるのだ。バンクと旋回率はわけて考えましょうと。
ターンコーディネーターは35度の角度をつけて設置されている。
前傾して進んでいるドローンの場合、OSDに見えている水平線はターンコーディネーターと近いイメージになる。(でいいのかな?)
バンクと旋回率は別だけど、前傾して進んでいるドローンだと水平にすることで Coordinated Turn になっている。(でいいのかな?)
Angle では Coordinated Turn になるよう水平制御しているが、Air だと Skid にも Slip にもできる。
そして前傾していないときは、バンクが見えるってことで、例えば水平でインサークルすると傾く、と。
インサークルでなくオービットで、水平に回る練習とかすればいいのかな。

心の計器をつけて、FPV映像を解釈するのが早道なのかな。
計器を覚えるのにフライトシミュレーターをやるのも手なのかな。
いろいろと疑問が出てくる。楽しい。
とにかく今は飛ばしまくりたいということだ。

Beta75X(6A ESC)がセールになってる

BETAFPVから 4S対応の 85X HD が Beta版として出ている。
https://betafpv.com/products/beta85xhd-4s-whoop-quadcopter
ESC別体とAIOの2種類で展開。
加えてこれまでのモーターを変更したようだ。
このあたりの改造をすれば現行機も4S化可能ってことかな。

そして 75X の ESC 6A版がセールで 89.9ドル。
https://betafpv.com/collections/on-sale/products/beta75x-2s-whoop-quadcopter-1
75X はマメに更新されており、6A、10A、12A と来て、AIO(一体基盤)の 12A が出た。
おそらく AIO を載せた新製品が出るので、売りつくしセールってことかな。

今週に入って、二代目Beta65Pro にジャイロ不良が出始めた。
フリスタ練習で落としまくったのがいけなかったのかも。
ジャイロの故障はもうおなじみのパターンになりつつある。
そして通算 5機目になる1Sブラシレス、三代目Beta65Proがやってきた。
そろそろ軸足を 2S に移行する時期か。

ということで、セールの 75X を 1機購入。
馬力より物量が必要な時期ですよ。
といいつつ、新型出たら 3機体制まで持っていきたいところ。

X-Lite Pro 使ってみた

使えるようになったよー。

OpenTXははじめてなのでアレコレ悩んだ。
とりあえず状況説明。

・技適はとれていない。
内蔵通信モジュールはつかってはいけない。いけないよ!

・本体内蔵の通信プロトコルは最新の「Frsky ACCESS」を採用。
いろいろ強まっているが、これまでのD8/D16と互換性がない。
最終的にはD16はお話できるようにしたいようだが、試したところまだ使えないようだ。(という夢を見た)

・外部モジュールはシリアルで通信できないとのウワサ。
PPMならいけるのか。そのうち対応するのか。
これまでの環境を合法的に使うためには、ココでなんとなするしかない。
が、最終的にはシリアル接続で使えた。

ハードウェア的にはイモネジとか使って設定する。
SDカードも準備する。このあたりは従来機種の X-Lite と同じ。
Companion が OpenTX2.3以降でないと対応していないが、2.3は現状まだ nightlies(unstable) にある。
https://www.open-tx.org/2019/05/17/2.3-nightlies
ポイントは Setting を 「nightlies(unstable) 」にすること。

これで DIY Muliti Protocol Module のファームが入手できるようになる。
なんか対応されたのは 5/17 だそうで、ホント対応されたてのホヤホヤ。
これに気づくのに時間がかかった。
PPMやるのめんどくさい・・って投げかけてた。

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?3080337-FrSky-New-Taranis-X-Lite-S-and-Pro-X9-Lite-R9M-Lite-MPM-Lite/page131

対応ファームを焼き付けたら、JP4in1SE(技適対応済)を装着して、設定すれば無事バインド完了。
PC側の Companion で model を作って転送しても、なんか別の設定になる。
ある程度作ったら、本体でガリガリ設定したほうが良い感じ。
このアップデートで、IntenalRF に XJT D16 の設定も見えるようになったが、まだダメみたい。

さっと使ってみた感じ、やっぱり違和感は最初ある。
レバーの長さがちょっと気になるかも。
OpenTXも細かい設定がたくさんある。
外部モジュール邪魔っけだけど、とりあえずコレでしばらく使って設定詰めていきたい。
最大のメリットは「USBで充電できるようになった」コレ。ピンチの時にモバブで動かせるの助かる。

X-Lite Pro キタ

スウェーデン経由で今月末かなーとか思っていたけど、いつになくマルメ空港からさっと出てきて本日到着。やったー。

なんか18650用の電池キャップもついてる。
OpenTXはじめてだし、D8/D16使うのに外部モジュール使わなくちゃだし、それも動かないとかってウワサもあるし。
まあ、いろいろやってみるよ。

自虐家のアリー


うおー。
Lyric Speaker マジカッコイイ。
amazarashiとの相性バツグン。
https://lyric-speaker.com/index.html
もう少し安くしてもらえないですか。
ということで出た、若干廉価な Lyric Speaker Canvas。

それでも安くないよ。
https://lyric-speaker.com/canvas/
バングアンドオルフセン置くこと考えたら安いかもしれないが。
でもこの多様性の時代、みんなで一斉に音楽を聴くってのも難しいのかな。
ということで、ポータブル版希望。

中国通販における Tracking 確認ノウハウ

Banggood から X-Lite Pro が出荷されたって連絡あって2週間経過。届かねえ。
Banggood の「追跡」によると「スウェーデンに着いたよ」って。
なんでスウェーデン?
Banggood に限らず、中国の通販は「なんで?」というところを経由することがある。
コストとか充電池の扱いとかで変わるようだ。
特に香港倉庫だといつもつらい思いをしているような気がする。
このあたりを今回はまとめてみよう。

トラッキングナンバーの最後が「SG」の場合はシンガポール経由だ。
シンガポール経由「SpeedPost」の場合は 17Track か 4PX を使う。
https://www.17track.net/ja
https://www.aftership.com/ja/couriers/4px
「EMS」ってことで、ちょっと高い送料払った記憶があるのだが。
この場合、香港で出荷されてからシンガポールに向かう。おいそっちは日本と逆の方向。
すごーいゆっくりシンガポールに送られ(7日ぐらいかかった・・コンテナ船?)、そこからは1日半で到着。
SpeedPostとボリュームディスカウントみたいな契約なのか?
香港からシンガポールまでの間は怪しいが、確かに SpeedPost 以降は EMS を経由しているようだ。

トラッキングナンバーが「RE」で始まるものはスウェーデン経由だ。
スウェーデン経由「PostNord(DirectLink)」の場合は、DirectLink か 17Track を使う。
https://tracking.directlink.com/
https://www.17track.net/ja
PostNord はかつてスウェーデン郵便局が民営化したもの。
DirectLink はスウェーデン郵便の海外向けブランド(三国間貿易用?)で民間扱い。
民間の DirectLink が香港で荷受けして、一度スウェーデン国内に持ち込み、PostNord の取扱にする。
他にもスイスとかデンマークとかもあるみたい。

さて今回の X-Lite Pro は「国際小包」でスウェーデン経由。
せっかくなので、どれぐらいに届くか予想してみよう。
とりあえず 4/30 に「shiped out」ってメールが来たモノの Tracking がコチラだ。

2019-05-07 09:12 Item pre-advice received
2019-05-09 10:44 Item received for processing Hong Kong
2019-05-11 01:07 Item departed on flight from origin

出荷の予約番号確保したのが 5/7。
そこまでは得意のバックオーダーだったのだろう。
通販会社によっては、この予約番号を確保したところで「出荷した」と言ってくるところもあるが、それですらなかった。
香港にある DirectLink で荷物を受け取り、その2日後スウェーデンに向かったようだ。
なお、Banggood から得られるトラッキングステータスは以下のとおり。

2019-05-09 10:43 The shipment item has been dropped off by sender

なんとこれだけ。
「出発地:スウェーデン」となっているが、もちろんこの時点では「香港にあるスウェーデンの会社の集積所」でしかない。
スウェーデンについてから、テキトウな日本便に入れて・・となると到着は今月末ぐらいと予想。

そのあたり確実な DHL にしろよと思うが、実は DHL 選べない。
例のズボラな在庫管理でバックオーダーをごまかすあたり、DHLだと速すぎてクレーム来ちゃうのだろう。
そしてバックオーダーのパターンは、在庫を一切持たず注文入ってから手配しているからだろう。
さきにカネもおさえられちゃうし。
つまり DHL を選択できるぐらいのショップ/商品にしておいた方が、在庫管理の品質が高いのかもねという話。