U199ドローンに照明をつける

フレームカラーは気合のレスキューカラーでオレンジ。まさかBETAFPVからオレンジのフレームが販売されるとは想像もせず。

ドローンにおける電飾ネタは人気のひとつで、Yan Tech 師匠とか伝説の職人もいる。
しかし実用向けといえる「照明」というレベルの電飾はあまり見かけない。
陽が落ちるのも早くなってきたし、照明もありではないか。
ちなみに「ドローン」は原則日中での飛行となっており、夜間飛行は許可申請が必要。
しかし例によって「ドローン」ではない 200g未満(U199)は適用外だ。
適用外だからといってなんでもやっていいわけではないが、夜間飛行の練習とかはできる。
実際飛ばした感じ、想像したよりおもしろかった。
ということで、今回は照明の作成とか紹介してみる。

■方法1:懐中電灯をつける
おそらくコレが一番簡単。
ピンキリだが、これが 18g で、頑丈で、充電池で、明るい。
https://www.amazon.co.jp/RovyVon-RIIA4SS-A4/dp/B07M9QV2YH/
Cree と日亜の両タイプがあって、ルーメン数(明るさ)が違う。
日亜は比較するとちょっとルーメン劣るけど色品質とかよくて省電力で Creeは明るいってイメージ。
Cree の 550ルーメンを持っているけど、普段使いも含めて良い感じです。

■方法2:NeoPixelを使う
レーシングドローン搭載用としてメジャーな NeoPixel を使う。
Betaflight で色変更もできる。
おもったより消費電力高いのと、光が拡散してしまうので照射向けではない。
ドローンについているのもあるので、まずはこれの搭載位置を調整とかもありか。
なお全体を電飾とする場合は、単色のものの方が省電力。

■方法3:PowerLEDを使う
1w とか 3w とか 5w とか 10w とかある。
素子が樹脂のレンズで囲われており、ある程度指向性がある。
リフレクタなどを組み合わせて、照射パターンの設定を行う。
この照射パターン、実は奥が深くて非常におもしろいが、長くなるので今回は割愛。
すっごい発熱するので、ヒートシンクをつける。
最初は星型の放射基盤付きがよい。例えば 1w。
https://www.led-paradise.com/product-list/140
日亜、Cree、Lumileds あたりがちゃんとしたメーカーで、ライセンスとか大丈夫?な中華が何種類か。もちろん中華が安い。
これにドライバと呼ばれたりする DCコンをつける。
https://www.led-paradise.com/product-list/110
定電流ドライバで、入力側の電圧と出力の電流に注意。
さっきの1wタイプだと、350mAh ぐらいなので、300mAh ぐらいのドライバを選択。
目いっぱいだと、温まったときに焼けたりするので、ちょっと控えめにするのがポイント。
アキバのエルパラさんは、このところ LED 関係でお世話になっている。
質問にがっちり答えてくれるので、いろいろ店頭で確認してみるといいと思う。

■取り付け方法
非常に発熱するので、そのあたりに注意。
ペット板とか曲げてテキトウにマウント作って固定。

電源は XT30 の間に挟むようにすると面倒がなくてよい。

さっきの PowerLED ドライバの要求を見て、2S とか 3S とか注意しよう。

■飛ばしてみた

想像していたより明るいなという印象。
機体側の映像はコチラ。

やはりなんかリフレクタつけるとか、周辺光はテープLEDと組み合わせるとか工夫がいりそう。
FPV カメラはおもったより明るいが、絵的にメリハリつきやすいので、そのあたりの特性も理解する。
NoIR とかできないのかなー。
高いところ飛んでしまうと、当たり前だが真っ暗なので位置を見失う。
という、これまでにない経験がいろいろできて楽しい。
プロポスイッチで色変えたり、サーボで角度調整したりと、夢広がる。

これ夜桜の季節にはすごくいいんじゃないですかね。