Android10

Oneplus7Pro を Android10 にアップデートした。

9/18 に来て、いつの間にか1ヶ月以上使ってた。なんだかんだで1度も再起動しなかったような。
安定しまくりでなんの不満もなかったのだが、先週ぐらいから Android10 のシステムアップデート通知が来てた。
バタバタしていたのと、一部未対応アプリがあるとかは聞いていたので、Pixel4 が出る 10/24 まで待つか。
昨夜 Pixel4 の CM 見て、ふとそのことを思い出しアップデートを実行。

Android自体はもう熟成の域で、実際のところ大した変化はない。
画面がヌルヌルスクロールしたり、アチコチのブラッシュアップはある。
有機ELの省電力に配慮したのか、最近流行りのダークモードで統一された。
今後は目に優しいグリーンモニターの復活でしょうか。
Android は今回から、お菓子由来のペットネームをやめ、ただの数字による表記となった。
スマホに適したインターフェースを模索して10年。
当初は厳しかったハードウェアリソースも十分なぐらい追いついた。
デバイスとしては、そろそろ完成形というところか。
スマホの名前も数字を重ねるものになってきてる。
Xperia だけが、この後に及んで「Xperia 1」とかって再スタート的なネーミングしてるけど。
この10年「One」って名前のついたスマホ何回も出た。
「Xperia 1」は値段が高く、いろいろとタイミングを逸した残念スペック。
ソニーがこのパターンに入ると「あーこの界隈もそろそろ終わりなのかな」と思ったりする。

スマホ自体の性能評価も変わってきた。
今だとカメラの性能が数少ない差異化のポイント。
ちょっと前だとセルフィー。最近だと広角から望遠まで対応するマルチレンズ化。
テレビの映像でスマホで撮影したものも利用されるようになった。
最新アクションカメラを見ていると、今後はさらなる広角化が進み、電子ジンバルの活用とかあるかもしれぬ。
ただ完成に至った今の形状から変化するのは進みにくいかもしれない。

映像記録とは視覚と記憶を拡張するデバイス。
実際のところ老眼で見えないとき、スマホのカメラを顕微鏡代わりに使ったりするしな。
自分の目より明るくて高解像度だ。
この視覚を拡張するデバイスってドローンも同じ。
なので、次はドローンが来るよ。すでに面白いよ。