台風19号とはなんだったのか

まだ総括するタイミングからは程遠いワケですが。

今回の台風は様々な課題を残した。
ウチの近所でも日野橋が波打っていて、自然のすさまじさを感じた。
八ッ場ダムは作ってよかっただの、景観重要で堤防作らせなかっただの、いやオレたちの戦いはそこじゃないだの。
例によってテレビのニュースもヒステリックに危機感を煽るだけだ。
なんであれ、この体験をとおして治水について勉強する機会を得たのだ。いろいろ調べてみよう。
しかし広範囲にわたり、経緯なども調べるのは大変。
そんな中、こちらのページが大変よくまとまっていた。

令和元年台風19号による大水害について
https://www.green.gifu-u.ac.jp/~bhdlab/?p=1391

この情報を得たのはコチラの増田。
治水とは
https://anond.hatelabo.jp/20191014091943
こちらも経緯を含めた感情的な部分をよくまとめてある。

さてどうするのか。
これは範囲も規模が大きいこともあり時間がかかりそうだ。
それまで今回の災害は記憶として残るだろうか。