Chrome拡張の名称を変更する

Betaflight Configuretor の 10.6.0 が出ましたねー。
Betaflght 4.1.0 の方はまだ RC のようですが。
https://github.com/betaflight/betaflight/releases
あともうちょっとかなー。
RPMフィルタがスゲエらしいですが、BL_HELI_S だと有償ファーム必要とかあるらしいです。
https://052.jp/setup-rpm-filter-betaflight-4-1/
BL_HELI_32 の 85X からやってみるかなー。

さて閑話休題。
Chrome拡張の「Betaflight Configuretor」を複数バージョン入れると、メニューで区別がつかずメニュー位置で覚えないといけない。
2つまでだったらなんとかなったが、3つ時代を迎えるにあたり対策。
ここを修正したい場合、各バージョンのルートフォルダにある「manifest.json」を書き換えるとよい。

“name”: “Betaflight – Configurator”,
“short_name”: “Betaflight”

「”name”:」は 「Chromeアプリランチャー(ChromeOS以外は提供終了)」で出てくる名前。
Widows や Mac のアイコンリストで出るのは「”short_name”: 」の方。
ChromeOSの場合は、直近に使った拡張名に使われる。
拡張自体はアイコンで把握できるので、名前を下記のようにバージョンに書き換え。

“name”: “10.6.0”,
“short_name”: “10.6.0”

これで迷うことがなくなった。

どうせ後日忘れるので、ここに記述しておく。