FATSHARK 録画品質改善をもがいてみた

前回の続き。
結論を言うと、期待したとおりにはいかなかった。

前回までのまとめ。
Eachine ROTG2 のような USB接続の受信機を、スマホ(Android)で記録すると運用上便利。
でも受信機の性能がイマイチなので、Rapid+Fire のついている FATSHARK 本体の映像をスマホに引っ張れないか。
AVOUT からビデオ信号を出し、USBビデオキャプチャで Android に取り込みしようというもの。

ケーブルは予想通り OMTP のものを使ってサワヤカに出力できた。
千石電商が一番安い気がする。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4V36
高くないのでトラブル時の問題切り分けのためにも一本持っていくといいと思う。

問題はビデオキャプチャ。
この手のキャプチャには MS2001E というチップが使われた「EasyCap」ってのがメジャー。
1000円しない値段で売られている。
パチとか、コピーのコピーとか、中華製品にありがちな仁義なき戦いが繰り広げられている。
これは Windows10 では接続できた。UVC なので標準についてくる「カメラ」でイケる。
しかしながら Android は NG。
チップは認識して FPV Viewer は動くがなんだろ。なんかの決め事がズレてるのか白画面。
作りはいつものアレなレベルで、最初なんかおかしーなーと思ったら、コネクタから圧着端子抜けてた。
修正しようとコネクタ外そうとしたらコネクタごと破損。
なんとか端子を挿し込んで、プラケース嵌めてたらパキ。
ウンザリ。

当初目的である Android ダメだったのもあり、高いけどくじけず日本メーカー。
アイ・オー・データから出ている GV-USB2 を買ってきた。
EasyCap(パチ)と比較すると、耐久性も期待するレベルにある。
が、結論から言うと、これもダメだった。
注意しないといけないのは、製品ラインナップ。3種類ある。
GV-USB2:ふつうの
GV-USB2/HQ:Windows版の添付ソフトがちょっとよくなってる(ハードは同じ)
GV-USB2/A:Androidも使える版(ハードは同じ)
GV-USB2/A を選ぶべきなんだろうけど、見た目 OTG ケーブルの有無のみが違い。
ノーマルな GV-USB2 をチョイスしたら。
Android のアプリ使うのに、GV-USB2/A のシリアル番号入れなさいプロテクト → イマドキこんなのが・・使えなかった。
加えて GV-USB2/A といえど、使える端末とそうでないものがあるらしく。
中華にも日本にも嫌気がさしたところで、今回は終了。

成果がなかったワケではなく。
PC へのゴーグル映像取り込みは向上した。
高性能な受信機のついたゴーグル映像を引っ張れて、キャプチャ映像も若干アップスキャンされた 480i になった。
某システムの性能向上にはちょびっと寄与できたかもしれない。

で、どうするか。
WTWで見せてもらったが、最近出た Eachine RD200 が最適解かもしれんです。
でもこれまだ5000円超えるのかー。
しばらくは Eachine ROTG2 + スマホでしのぐかー。(結局スタートに戻る)