Oneplus5Tが壊れた

いろいろ物入りなのに、スマホがこのタイミングで壊れる。

なんだかんだで約2年近く使った。
ホントよくできた端末だった。
まだしばらくコレでいいんじゃないかと思っていたぐらい。

どこが壊れたかというと、USB Type-C のポートがやられた。
我が家で初の Type-C 故障案件。
抜けやすくなり、微妙な角度でしか充電できない。それも低速。
覗いてみると、端子の一部に焦げたような跡が見つかった。
Dash Charge では 5v/4A も流すので、ホコリとかで焦げちゃったのかね。
他にも USB-DAC 挿したり、ドローンのSDカードやりとりしたり、5.8GHzの受信機挿したりと、なんだかんだでよく使っていた。

Type-C は十分頑丈だと評価してよいが、ココがやられると他に充電方法がない。
かろうじて充電できている今の状態は運がいい方かも。

そして2年も同じの使ってると予備の端末がない。
探してみると、Unihertz Atom が出てきた。
コレはネタ端末で実用はマジで厳しい。

ということで、もうすぐ 855+ が出るらしいよというタイミングにもかかわらず、しゃーない注文をかけた。
まあその分、お値段控えめ・・のはず。
9月中だし、消費税もお得・・のはず。

Oneplus5T は次のが来たら、予備用に修理するつもり。
やり方はコチラ。そんなに難しくない。
https://www.ifixit.com/Guide/OnePlus+5T+Charging+Port+Replacement/102643
部品はコチラ。
https://www.witrigs.com/replacement-parts-for-oneplus-5t
USB Charging Port は 16〜8ドル。
ついでにバッテリも・・と思ったが品切れ。
まあ在庫チェックしておくか。

電話機も今や必需品。
あんまり壊れなくなったが、壊れたときはめんどくさいなーと思う。
ココにも予防保全の流れが。