5インチのDIPSが通過した

とりあえず「目視外」で、場所限定(ドローンフィールド相模湖)の1年コースで通過。

「DIPS」ってのは「無人航空機飛行許可申請」ってヤツで、200g以上のドローンは国交書の許可が必要というもの。
Mavic2 Zoom でも DIPS はすでに取得しており、こちらは全国包括で取れている。
こちらは DJI の空撮用認定機に加え、普通に目視飛行なので、なんというか出せば取れる。
今回は 自作機(5インチのレーシングドローン)ということになる。
自作機の場合は、機体に対する説明資料を準備する必要があって、さらにFPV、つまり「目視外」という追加基準が必要になる。
みんなどうやってるのか知らないが、今回はこのあたりをなんとか攻略。
どうせ変わっていく内容なので、細かく説明や紹介はしない。
配れる資料はまとめたので、欲しい人いたら連絡ください。

引き続き全国包括を取りに行こうかと思っているのだが、2つほど課題がある。
ひとつは用途が「趣味」か「業務」か。
「趣味」だと全国包括はくれない。
なんかの理屈をつけて「業務」と言い張ればいいらしい。
詭弁を弄したところで現実にはいろいろあるので、そこら辺の落とし所をどうするか。
もうひとつは「目視外」の追加基準の適合。
ここについては実際飛ばして設定を詰めてみないとわからないところもあり、まず飛ばしてからあせらずやってみるかと。
つうか、全国包括といっても他に飛ばせる場所のアテもないんだよね。

DIPS の申請は無料なので、めんどうだけど出してみるといいと思う。
そうして攻略ノウハウたまっても、先々でルールが変わっていくのだろう。
実際の飛行に際しては、FISS(ドローン情報基盤システム)の登録も必要。
この手間のかかり具合、ホント数奇者向けだなと思う。