業務VTX予備免許がキタ

うおー長かった。

2月にFPV始めたのですが、これの自由な活用のために、業務局の開局は避けられずと思い、調べ始めたのが3月で、第3級陸上特殊無線技士を取得。
なんだかんだで5月から具体的に動きはじめて、本日ついに予備免許が来た。
めでたい。

これ細かい話をするといろいろある。
具体的には、平成28年総務省令第83号による特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則改正で追加された「無人移動体画像伝送システム」になる。
タイムリーなことに、5.8G VTX で現在の運用の基礎を作った先行者、戸澤さん(JDRI会長)の動画が出ているので見てほしい。

出ている内容でかかる金額がすべてではなく、自前でできるところもあったりなかったり、まあ工夫の余地もあるようなないような。
この手の話は情報も上がって来にくい。
ガチのドローン屋でもわかってない人多い。
最近テレビに出始めたが、おっとみたいのもあったりなかったり。
5.8G系統図で悩む初心者多いと思うが、それの更に難しいヤツ。
いつものことながら、ズバリな情報を書きにくい雰囲気ある。
なんだろねこれは。

で、これが取れるとなにができるかというと、FPVドローンで撮影したデータを使って商売ができるようになる。
なんだカネかという話もあるが、アマチュア無線で許されている範囲はいろいろ解釈の話があり、なんつうか現状リスクある。
そのあたりが商売というくくりだといっそ簡単。クリアになる。
必ずしも商売じゃなくてもいい。

ということで、自由は手間とカネがかかるのかというお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。