ドローンフィールド相模湖に行ってみた

めっちゃスパルタンな5インチのみなさんがスタート台に並んでる。

梅雨明け・・なのか?無茶苦茶暑い。
前から行ってみたかった相模湖のドローンフィールドに行ってみた。
ドローン飛行場として、レースなんかも行われているメッカ的なところ。
今回はずばり5インチの見学ですよ。
いちおう 75X とか 75X とか TurboBee を飛ばすつもりで持っていった。
手持ちの中ではハイパワー機だ。

相模湖はそれほど遠くないつもりでしたが、中に入ってからの距離がなかなかあり、車でないと来れない感じ。
電源やなんかも完備。
新参なので周囲のマナー確認しながらテイクオフ。
同時飛行は3機まで。
スタート台を利用する。
反時計回りに各障害をクリアしていく。
飛んでいるドローンがいる間は他の人は安全のため入らない。
車はドローンが来ないところに停めるようにする。
こんな感じ。

ガチな人達の飛行を見たのですが、5インチは全然違う世界。
そもそも音が違う。
Tiny とかは馬力全開が前提で、それをどこまで落とさずに回せるか、って感じだけど、5インチはどれだけ馬力出せたかって感じ。これまでの人生で近い存在はリッターバイク。
普通にフルスロットルなら山の向こうまで飛んでいきそうな無茶苦茶な馬力感。
映像見てても脳からヘンな汁出るなーって感じ。
あと映像キレイなんですが、これって VTX とかの電波がよいのか。
ゴーグルで音を聞きながら生映像見るのすごい衝撃あった。
自分のゴーグル飛行映像がトロすぎて違和感覚えるほど。

いつもの練習場で、あんまりミスしなくなったのもあって行ったのですが、なかなかどうして、しょうもないところに引っかかっては墜落というのを繰り返した。
引っかからずにバッテリフルで飛ばせた回数の方が少ないかも。
特に奥の方は草がそれなりにあり、草に引っかかったら墜落。ブザーなしでは発見困難。
一発目とか、わーいって飛ばして、まずココに引っかかった。
そして何度か探しまくった。
長時間探すと、他の人にも迷惑かけるのでブザー必須。
それでもバッテリ外れとか、配線切れとか、カンペキではない。
あと Toothpick を 2S、3S で飛ばすには機体がささやかすぎて、ちょっと肩身の狭いところはあった。
つうか、ここまで舞台揃えてるのは、やっぱ 5インチのステージですよねー。

で、5インチを導入するかだが、これはもうちょっと段階踏むべきか。
これは相当なリソースを要求する。
そろそろ飛ばしはじめて半年のおっさん、少し落ち着けって感じ。
でもまた Toothpick(ブザー追加)持って行きたいなあと思った。
つうか、おそらく行くんじゃないかな。

ドローン深いなー。ほんと面白い。まる。