Toothpick? TurboBee 120RS(4S)がキタ

ウチにも話題の Toothpick がやってきましたよ。
ToothPick って、SAILFLY-X とか RedDevil とかってヤツが有名。
TinyWhoop用の一番小さいFCを、カーボンプレート1枚のフレームに、2枚の羽で構成するシンプルな軽量モデル。
30gソコソコなのに3Sとかで飛ばす。
レーシングドローンそのままでプロペラガードとかないので挙動もいい感じ。
それが Toothpick と呼ばれているようだ。

さて、今回の TurboBee は3インチなんかである段積み構成の FC を、カーボンのダブルデッキで構成したもの。
どちらかというと「小さい3インチ」って感じの作り。
60gぐらいあり、ちょっと重たいが 4S まで対応。
SAILFLY-X とか RedDevil は仲間うちで買った人もいるので、こいつを試してみることにした。
なによりスパルタンでカッコいいしな!

Toothpick由来?のほっそいモーターアームが、なんか風抜け良さそう。
3枚ペラと2枚ペラが2セットついてくるのだけど、Toothpickらしくまずは 2枚ペラをチョイス。
気になる配線周りの手直しを行って、さっくりバインド、さっくり Betaflightを設定。
で、早速雨の合間をぬってテスト飛行。
バッテリ2Sしか持ってないので、2Sでのテスト。
60gぐらいの2Sってことで、操作感は 85X HD みたいな感じで、慣性残るなーって感じ。
プロペラガードとかないので、非常に素直な挙動を示す。
クリンクリンしたりとか Whoop に比べるとすごくいい。
でも、これは Airモード前提で、ものすごい傾斜させて、馬力突っ込んで、ドカーンと飛ばす感じ。
カメラの角度もすごい上を向かせることになるので、着地もままならんというか。
あと電池の持ちもいいです。

ということで、飛ばすところの条件選ぶなと思った。
あとWhoop のプロペラガード、つまりダクト部分は思いの外抵抗になっていたのだなあと感じた。
個人的には5インチのフリースタイル機への移行がしたくて、覚悟も決めているのだが、飛ばすところがどうしても見つからず、ペンディング中。
しばらくコレで練習だけしておくか、それともこれを煮詰めるか。

追記:ダイソーのタッパーはSQUARE 1100でした。85X HDと同じサイズ。

追記2:3枚ペラにすると SQUARE1100に入らない、、調査中。

追記3:SQUARE1700がピッタだけど高さに無駄が、、なんか予備部品詰めるなどの工夫が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。