75X を2機体制にした

BETAFPVのレース観戦以降、今週はいろいろあった。

3月頃から使っている 75X(ESC 10A) 1号機を、先週末久しぶりに屋内で Air で飛ばしてみた。
屋外慣れしてて操作が乱暴になっている。
速度つきすぎて、勢い良く鉄骨にブチあたって VTX が壊れた。
VTX 予備のヤツに入れ替えたら、次のクラッシュで XT30 のケーブルが切れた。
さらにバラしたら ESC のコネクタが割れて端子グラグラなのを発見。

もうアチコチにガタ来ているなあ。
XT30コネクタ付け替えて、ESCのコネクタは瞬着で固めて、端子のハンダを修正。
これで復帰した。
この ESC の接続コネクタの部分は構造的に弱点で、クラッシュするたびにストレスがかかる。
ケーブル接続にするってのも改善の手かもしれないけど、なんせこまけえんだよ。

そしてセールになっていた 75X(ESC 6A) 2号機が届いた。
ペラは Gemfan で予備1セット。
キャノピーもオマケ1個、350mAh の 2S Lipo 付き。
ないと言われていた LED ボードもついてきた。
これは仲間内では入ってない人もいたみたいなので、在庫にもよるのかな。
部品は一回全バラしてチェック、気になるところは修正しながら再組み上げ。
電源入れてみるとなんかモーターの音が静かだ。
新品はこんなものだったのかー。
ついでにコチラの方が飛行時間が長いのはどういうことか。

これで2機体制に。
2Sバッテリも多数追加した。
とにかく壊さないよう、飛行時間を稼ぐ方向で。
でも楽しくてつい無理しちゃうんだよね。

あ、そういえば。これも75Xの弱点、バッテリホルダの折れ。
3Dプリンタを使って TPU でバッテリホルダ作成した。

こんな感じ。フレーム部分は頑丈なので、また再利用できる。
75X-HD っていう、4Sまで対応した機体がもうすぐ出る模様。
その時はバッテリはホルダから、85Xみたいなストラップになるんじゃなかろうか。
なお、この 75X-HD って、新型の AIO FC に 85X HD の Caddex Turtle v2 載せたような感じ。
でもこれだと 85X HD でいいんじゃないかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。