X-Lite Pro 使ってみた

使えるようになったよー。

OpenTXははじめてなのでアレコレ悩んだ。
とりあえず状況説明。

・技適はとれていない。
内蔵通信モジュールはつかってはいけない。いけないよ!

・本体内蔵の通信プロトコルは最新の「Frsky ACCESS」を採用。
いろいろ強まっているが、これまでのD8/D16と互換性がない。
最終的にはD16はお話できるようにしたいようだが、試したところまだ使えないようだ。(という夢を見た)

・外部モジュールはシリアルで通信できないとのウワサ。
PPMならいけるのか。そのうち対応するのか。
これまでの環境を合法的に使うためには、ココでなんとなするしかない。
が、最終的にはシリアル接続で使えた。

ハードウェア的にはイモネジとか使って設定する。
SDカードも準備する。このあたりは従来機種の X-Lite と同じ。
Companion が OpenTX2.3以降でないと対応していないが、2.3は現状まだ nightlies(unstable) にある。
https://www.open-tx.org/2019/05/17/2.3-nightlies
ポイントは Setting を 「nightlies(unstable) 」にすること。

これで DIY Muliti Protocol Module のファームが入手できるようになる。
なんか対応されたのは 5/17 だそうで、ホント対応されたてのホヤホヤ。
これに気づくのに時間がかかった。
PPMやるのめんどくさい・・って投げかけてた。

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?3080337-FrSky-New-Taranis-X-Lite-S-and-Pro-X9-Lite-R9M-Lite-MPM-Lite/page131

対応ファームを焼き付けたら、JP4in1SE(技適対応済)を装着して、設定すれば無事バインド完了。
PC側の Companion で model を作って転送しても、なんか別の設定になる。
ある程度作ったら、本体でガリガリ設定したほうが良い感じ。
このアップデートで、IntenalRF に XJT D16 の設定も見えるようになったが、まだダメみたい。

さっと使ってみた感じ、やっぱり違和感は最初ある。
レバーの長さがちょっと気になるかも。
OpenTXも細かい設定がたくさんある。
外部モジュール邪魔っけだけど、とりあえずコレでしばらく使って設定詰めていきたい。
最大のメリットは「USBで充電できるようになった」コレ。ピンチの時にモバブで動かせるの助かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。