UV6-Rの合法化改造(未達)

せっかくアマチュア無線4級取ったし、FPVドローン以外に活用しようよという話。
でも日本製のアマチュア無線ハンディ機は、なんだかんだで35000円以上して、そもそも冷やかしなので、そこまで費用をかける気にならない。
中華なハンディ機に「UV5-R」というシリーズがある。
3000円台からあり、そのまま使うと出してはいけないところの電波まで発信できる。
これを改造して、ついでに合法化申請しようという道楽企画。
今回は少しでもデザインがいいヤツということで、UV6-R を入手した。中身は同じらしい。
シリアルケーブルも247円と安かったので、これも購入。
そろそろ部品も揃ったし、改造するかーと始めハマった。
手順的なのはコチラのリンク先が参考になる。

https://plaza.rakuten.co.jp/lovesun/diary/201612150000/

このとおりにすすめるが、どうやっても USBシリアルドライバがうまく入らない。
コレほんとかな・・
そもそもリンク先で Prolific の 3.2.0.0 を使えと書いてあるのに、こちらは CH340 使ってる。
どちらも試すが使えない。
特に 3.2.0.0 のドライバはまともに動かない。
Windows7 の環境でも試したが動かない。
これは一体・・
そもそも PL-2303 とか USB-Serial のメジャーなチップなのに、なんでこんなにめんどくさいことしているんだろ・・
調べてみたら以下のページを見つけた。

http://www.ifamilysoftware.com/news37.html

コピー品との戦いかしらないけど、ドライバが動いたり動かなかったりがあるらしい。
だからケーブル安かったのか。なんかこの時代に至ってこんなの、ちょっとツライ。
上記リンク先はそのあたりのチェックを外す?若干グレーな感じのシロモノ。
これでエラーはなくなったが、書き換えプログラムでは動かなかった。
回路自体は簡単なので、なんだかわからんやつより、手持ちの FTDI の USBシリアルにつなぎ直すのが正解かな・・と思ったところで今回は力尽きた。

マジで道楽。
続く・・のか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。