続・ドローンを取り巻く難しさ

前に「ドローンを取り巻く難しさ」というのを書いた。
https://papalagi.org/blog/archives/98
多摩川で凧はあげてもドローンはダメよという話を書いた。
とにかく飛ばすところに悩む。
いつものことながら、空モノへの風当たりは強い。
皇居にドローンが!それ違ってたヘリ!
まあ、普通の人たちにはあんま変わんないよね。
頭の上から落ちてきたらどうするんだ!と言う人は多い。

フジの番組で、grid_FPV が取材されてた。
狩野英孝の番組「エイコーさん」。
5/10まで見ることができるらしいです。
https://tver.jp/episode/57784524
この手のドローン第一人者の非常に貴重な映像が見ることができます。
見て思ったのは、すげー法律に配慮してるなーという感想。
千里浜での Phantom を使った目視外飛行は、現在の法律では NG とかキャプションが入っていた。
車を追いかけるこの手の映像は海外でおなじみで、後ろのハッチ開けて入ってくるまでがセットという定番。
現在の日本だとコレを実現するのも法律的に難しい。(できなくはない)
フジテレビ本社の85X改での撮影も、いろいろと細かいコメント出ていた。
過剰なまでに法律を守ることが、現時点では要求されている。
でも法律を守っているからといって、「すベては Allright Ya Baby」ではなく、いろんな配慮が必要。
そんなアリバイ作りの部分に配慮されていたのが印象的だった。

この番組の中で、ドローンは3種類にカテゴライズされて説明されていた。
1.空撮機
2.マイクロドローン
3.レーシングドローン
ウチも2までは、法律的にも技術的にも解釈できるところまでいった。
3がなー。ココはところどころ未踏のところになってる。
知り合ったパイセン達がバンバン飛び込んでいくんもんで、これはどうしたものかと思っているのだけど、コレマジメにやるとなるとホント大変。
超話題のこの動画とかわかりやすい。


安全とか部品の確保とか電波法とか、マジで大変。
でも先程の番組の映像も含めて、すごい説得力のある映像なので、なんとかしたいよね。