Jumper JP4in1 マルチプロトコルモジュールの話

いろんなプロトコルをお話できる拡張ボード。

これは技適を取ったシリアル接続方式のモジュールとして、日本ではかなり黒船的存在。
CC2500、NRF24L01+、A7105、CYRF6936 のチップを STM32 で動かすシロモノ。
黄色いプロポにも入っている Deviation というオープンソースのファームウェアから、通信プロトコル部だけを切り出したもの。
https://github.com/pascallanger/DIY-Multiprotocol-TX-Module
Jumper JP4in1自体は iRangeX IRX4 Plus とかと同じ構成らしい。デッドコピー?
デッドコピーつったって単純な構成だし、これはもうしょうがないんじゃないか。
他にも同じ構成の回路の製品がいくつかある模様。
このあたりにファームの書き換え話が出ている。
http://daive-daive.blogspot.com/2018/09/taranisirangex-irx4-plusdiy.html
最近のものだと USB端子(MINIだよ・・)から、おなじみ ArduinoIDE ファームの書き換えが出来る模様。
これは数希者のみなさんにはたまらないですね。

これを小さくして、X-Lite の規格に準拠した IRangeX IRX4 LITE ってのがある。
形が違うだけで中身同じ。USB端子も MicroUSB だ。
だったらコレも技適OKにしてくれないかなと考えるのが人情。
Jumper 4in1 はウチにも一個転がっているが、そういうのがあってハコに入ったまま。
まあなんか必要にならないと触らないよね。

なんでこんなことを調べ始めたかというと、X-Lite Pro のプレセールをポチったから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。