75X のフレーム交換したり 85X HD 飛ばしたり

75Xのバッテリホルダやられた。75Xあるある。ここが弱点。

一発目飛ばす時に飛び上がったところで「RUN AWAY」って OSD に表示。
その後、モーター停止→落下ってのがあって。
そこそこの高さあるところから、パチャーンと落ちたらホルダ割れた。
これなんだろうなーと思っていたら、この設定で直ると聞き設定。
BetaFlight で CLI に行って
# set runaway_takeoff_prevention = OFF
そしてセーブ。
# save
これで直った。
https://github.com/betaflight/betaflight/wiki/Runaway-Takeoff-Prevention
コレか。
セフティーということらしい。
この中だとジャイロの初期設定遅れとかだろうか。
飛ばすときには焦らずにということか。
完全にホルダやられたのでフレーム交換。

バラしてみたらレシーバーのところまで折れてた。
このフレームの構造はあんまりよくないなー。
といいつつ、もう一個予備買っておいた。
75Xはまだ恐る恐るって感じで、全然使いこなせていない。

この週末は 85X HD もかなりの時間飛ばしてみた。
85X HD は 2S だと大変優雅に飛ぶ。音も静かだ。
重量あるので慣性がつきやすく、Pahtomクラスの ATTI モードに近い感じか。
空撮向けであれば、これを使いこなすのがよい。
3S にしたのを見せてもらったが、その場合は元気にトリックも決めていた。
この状態だと慣性ついても馬力で持ち直せる。
その場合の映像はクイックになっちゃうので、2S を使いこなすのがまずは課題か。

Caddx Turtle v2 はハズれなのか、こういうものなのか、なんかやっとこすっとこ動いている感じ。
一発目は OSD 安定するまでちょっと時間が必要。(暖機?)
自動録画にしているが、録画が勝手に止まって、新たに再開するなど。
なんか Drop Block ってログが複数ルートフォルダにあがっていた。
これ熱の影響?それとも別の要因?
映像の中にプロペラガードが微妙に写り込んでいるので、キャノピーの高さを上げるとともに、なにか冷却追加を検討か。
得られた動画データは FATSHARK の DVR 動画(大変ヒドいシロモノ)とは比べ物にならない素晴らしいものだった。
これぐらいの動画データ撮れたら個人的には十分かな。
ココで参考動画とかスクリーンショットを出せばいいのだろうけど、なにかいい感じに公開できそうなデータがなかった。
また次の機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。