Osmo Pocket キタ

我が家のデジカメは Nikon1 の初代。
あんまり画像関係にこだわらない一家なので、大切に使ってきた。
いつの間にかニコンはミラーレスやめちゃって。
なにか時折あやしげな動きをするようになってきた。
そこで新兵器を投入。それが Osmo Pocket。

まあ今さら説明しなくても昨年末発売されて、人気のジンバルカメラ。
DJIというドローンメーカーが売ってる。
もっと言っちゃうとドローンについてるのを、外して売ったという感じ。
元がドローン由来なので111gと軽量で、がんばって載せるとみんな Mavic になれる。
200g以下で頑張って載せた限界がこのあたり。
http://shop.ep-models.com/index.php?main_page=product_info&products_id=9822
ヤベエ試したい。なおペイロード的にはギリらしいです。

カメラというのも変化の多いデバイスだ。
銀塩カメラからデジカメに移行した時は、後ろのモニタがつくようになって、カメラの構え方が変わった。
進化とともに形状が自由になったが、スマホが主流となりコンデジは駆逐された。
最近は従来の一眼レフスタイルに回帰しつつある。
そんな中、ジンバル付きモデル。
これからのコンデジはこのスタイルでないか。
その構造上、水平が確実に出るし、動画も得意分野。
パノラマ撮影だって自分で首振って撮ってくれる。
もうこういう製品は日本からは出てこないのかもな。

簡単に使ってみたが、ボタンの数は2個と限定されており、2インチのタッチパネル液晶も想像以上に使いやすい。
凝ったこともできるが、これはさっと取り出して、さっと撮影があってる。
ということで、とりあえず使ってみるよ。
とりあえず桜の季節だったのを思い出したよ。