FATSHARK が届き、ついに道具が揃う

FATSHARK HDO が到着。
3/3 にクーポンあるっていうから「ファットシャーカーにオレはなる!(どんっ)」と、清水の舞台から飛び降りた。
そして 3/23 に到着。長かった。マジ長かったこの3週間。
香港出荷の EMS 頼んだが、いつもの中華的展開に。

まずはすぐ出荷と言われているが、そこはかるくバックオーダー。
これが 3/11 まで。在庫持たなすぎだろ。
その後「出荷したよ!トラッキングナンバーこちら!」というが出てこない。
これいつものヤツで、先に番号だけとっておくヤツな。これが 3/9 あたり。
そもそもバックオーダーのままだし。
Banggood のトラッキングはマジでアテにならないので、4PX とか 17Tracks を監視していると、3/15ぐらいに香港からシンガポールで向かった。
日本から離れていってるやん。
これはシンガポールの配送業者のSPEEDPOSTってところが安いかららしい。
SPEEDPOSTから先は EMS だが、そこまでは普通郵便に近いノリ。
なので時間かかる。
3/20 ようやくシンガポールに到着。
そこからは早かった。さすが EMS。もうすでに価値がないほど遅いが。
3/22 には日本について当日中に税関通過。3/23 に最寄り郵便局に早朝到着。
郵便局に向かい、直接受け取りでゲット。
なお Banggood のトラッキングは最後まで出てこなかった。ま、通常運転だ。

FATSHARK はヘッドセットのみで、そのままだと受信できない。
なんて気の利かない・・そこで受信機は Rapid+Fire を準備した。
これは2系統で受信した画像を合成して、キレイな画像を出すというもの。
あーVHFのテレビ時代にあったな・・というものだが、なかなかいい値段がした。
それでも視覚情報だけで操作するのだから、なるたけ良い環境にするべき。
このふたつが揃うとOKかというと、実はアンテナも必要。
2系統入力できるので、無指向性と指向性の2つを組み合わせた。定番。
ゴーグルにアンテナが生えているのはイイネ!
このサイバー感は嫌いじゃない。

これでいよいよ使える・・と思ったら、最後に電源という問題がある。
今回買った FATSHARK HDO は USB 充電でお手軽、と聞いていたが、届いたのは 18650 Li-ion を使う電池ケースだった。
なんか国によってパッケージがちがうとかなんとか。はー。
USB充電のは便利だけど稼働時間が少ないから、2セット運用避けられないかもなってんで、別に準備しておいた 18650 のバッテリケースを使った。
USB で電源を供給するヤツとか、来るまでに時間がかかっただけあって、いろいろ小物は揃っている。

なお、DVR のファームは 1.2aになってた。すばやいな。

これでようやくファットシャーカーになった。
早速飛ばした。世界はこんなにも美しかったのか・・。
ちゃんと見えるので、ものすごいラク。(あたりまえすぎる)
狭いところもスイスイいけるようになって、なんかうまくなったんじゃね?と錯覚するほどだ。
もうどこでもいける。どこでも飛んでいける。
これは人間が使う道具だ。人間が使う道具がようやく来た。
ただしいくつか。
形が欧米人基準で、「平たい顔族」なアジアンフィットから程遠い。
鼻の部分ははるか離れているし、おでこのところも浮いてる。
それゆえほっぺたのところに圧力がかかる。
夢中で飛ばしていたらほっぺが痛くなった。おてもやんになった。

まあそんな感じだが、もうない状態とか考えられなくなったので、なんか予備とかいるんじゃね?という気になっている。
沼だな。まさに沼。