FPVできるようになった

できるようになった、って言っていいのはドコのレベルからだ?

単眼の FPV-003 とか、主流でないの使いながら感じを掴んでいた FPV ですが。
カメラ画像注視すると、ワケわかんなくなって、ヘンな高いところにドローン引っ掛けたりと、トラウマにも近いツライ思いをたくさんしてきました。
今回は引っ掛けようのない場所を準備し、給料日通過で小遣いも増えたので電池増量。
充電器も複数準備し、休みなく練習をできる体制を作った。

電源ケーブル(ピッグテール)もビシっと交換。
元からついているのが短かったり、コネクタ壊れたり。
ココはキモなので、積極的に交換したい。

そして。

これだけは使いたくなかったな・・という Hubsan のゴーグルを出してきた。
いわゆる「海女さん型」といわれる形状で長くて重い。
Hubsan のはセットについてくるやつで、いわゆる汎用品でないのだが、使えないワケではないレベル。
受信性能がイマイチなのは、まあがまんするとして、致命的なのが時折ブラックアウトすること。
コレは初心者パニック不可避ですよ。
それがイヤで使ってなかったのですが、もう限界なので引っ張り出してきた。

その結果。
なんとか FPVできるようになった 。
いくつか気づいたポイント。

1.高さの維持がキモ
空撮機とか Tello とか、補助機能のついている機体と大きな差が高さ維持。
なんどホバリングからやり直したか・・
この手のドローンは、先読みして当て舵がポイントで、特に日常で意識しにくいZ軸、高さ関係がうまくいかないことが多い。
最初は登って降りてを繰り返して落ち着かないパターンが発生。
あがってビタっとその場で止める。これを意識する。
あせって急なスロットルあてても、落ち着いてそこに維持。
モーター音を意識してもいいと思う。

2.真ん中でやる
目視だと飛ばすところの一番端で、スペースをフルに使える形で飛ばすことが多い。
自分の裏側とか見れないしね。
FPV はスペースの真ん中に自分を置いて、その周りを回すような飛び方でやると効果高い・・ような気がする。
なんでだろうな・・と考えてみたが、飛ばしている視点が機体にあるので、本体である自分と別という意識が必要。
なんかこのやり方でやると、不思議とドローンが突っ込んで来ても怖くない。
積極的に自分を映すような飛び方をすると把握しやすい。
そうすると、音で位置を確認できるので、問題になりがちな高さ関係の調整もできるようになる。
部屋から出るようなステージ構成にしておくと、音を使わないでコントロールもできるようになる。
ということで真ん中で。
できれば真ん中の位置を示す周囲の配置も正確に、2重ぐらいの輪ができるような、位置関係が把握しやすいような、そういうのがあるといい。

3.ぶつかったリカバリーを積極的にやる
ぶつかるとワケわかんない向きになったり、パニックになりがちだが、そこで諦めないで積極的にリカバリーを行う。
Tiny Whoop はぶつかってもOKなところがあるので、ココはやったほうがいい。
ぶつかった時のパターンは、いろいろと役に立つ・・気がする。
空間の認識力というか。
あと壁は自分の発生した風で吸い込まれるとか。
そういうのは体感として覚える。

ということで、自分を中心にインサークルで回しまくったり、隣の部屋をドアから出て高速に回るためには、慣性がつくのでクリッピングポイントをどこに置くべきかとか。

控えめに言って「すごいおもしろい」。
そして次のキーワードは「FATSHARK」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。