UR65 が復活した

最近はもう頭の中がずっとドローン。
そんな中、2台目の US/UK65 が届いた。

もうFCを5000円近く出して買うより、US/UK65 を8000円とかで買って予備部品にした方がいっそ得。
ということで、先日お星様になった初号機を引っ張り出して、FC とカメラを載せ替え。
デフォルトのフレームはどうせ使い物にならないし、モーターのレイアウトも Props Out になってるし。
手間がかからないってもんだ。
そういえばUR65の半透明フレームも入手した。
US/UK65のフレームと比較すると壊れにくいような感じ。割れず粘る感じ。
比較すると軽いけど、やっぱ Beta65pro の方が断然頑丈。

ということで、スワップ完了。
もう BetaFlight の設定もバインドも慣れたもの。
ということで、2台体制が復活した。

いろいろ道具も揃えた。
バッテリ入れにトラスコのケースを準備してみた。
まあデカいカンペンケース。
そういえばカンペンケースって見なくなったな?

金属製なあたりとスタック可能なのが選択した理由。
思ったよりデカかった。仕切り板とか作んなくちゃな。

あと精密ドライバー。

テキトウなネジをテキトウな道具でつけるのもイヤになってくる。
せめて道具ぐらいちゃんとしたヤツでさっさとやりたいね。
長年使っていた PB のドライバがあったのだけど、チョウナンに失くされてしまった。
道具を使う人が増えるとこういうこと発生する。
古い PB のドライバで、精密ドライバーなんだけど普通のグリップ形状で、そこが気に入っていた。
今のはおしりの部分が回る細いヤツになっている。
あれはココ一番で力が入りにくいというか、インパクトかけにくいからあまり好きでない。
なんかねーかなーと思って探しているうちに Wera を見つけた。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0001P18LO/
工具イジりしていた頃にはなかったような。
この押し側に押しながら回せそうなコブがすごくよさげ。
先端に六角があるのもいい。
こういうのは揃えたくなるが、使うのは決まっているので1本だけ。プラスの00。

あとは FPVゴーグルだよなあ。
買わなくちゃダメな時期に来ているが、これだけは安くないのでホント悩んでいる。