ハズキルーペ デビュー

Tiny Whoop をイジるのについに限界を感じて、ハズキルーペを導入。
老眼始まってるけど比較的マシな方で、あんまり困っていない。
なぜかというとガチャ目なので、左右で使い分けできるから。
スマホとかも情報量重視で、一番細かい解像度に小さい文字の設定。
ラズパイのヘッダぐらいまでなら肉眼でイケる。
それでも Tiny Whoop の部品は小ささはしんどい。
ハンダ付とか厳しい。

ということで導入。
ハズキルーペは名前のとおりルーペ。つまり拡大鏡。
老眼鏡ではなく、見るところを拡大してくれる。
要求距離によって3種類。1.32倍、1.6倍、1.8倍とある。
職場に 1.8倍あって試したことがあるが、コレは近すぎる。
ハンダ用途なので、1.6倍をチョイスした。
パソコンぐらいの距離なら1.32倍かな。
拡大鏡なので焦点距離以外は歪む。
つまり遠くのものは見えなくなる。
ズラしたりという作業が必要なので、スリムタイプをチョイスしてみた。

品質ななかなかの安っぽさで、まあ値段に見合うかというとどうでしょう。
パチでもよかったかもしれない。まずは試してみるという感じで。
1.6倍だと、スマホとかは近づけたぐらいの距離で運用になる。
6インチのスマホが7インチぐらいに見える感じ。
周囲は歪むので、視点を動かしたりは向かない。

うーん、メジャーでよく名前知られているけど、これは普段使いというより、ニッチな用途向けではなかろうか。
個人的には細かい手作業には有効なので、とりあえずOKだ。
道具箱に忍ばせとく感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。