UK65 ついに飛び立つ

ARMあがらん・・と悩んでいたが、原因は「FLIP OVER AFTER CRASH」が設定されているからであった。
これはひっくり返って亀の子になった時に、元に戻すアクション。
これがモード設定メニューの、したーのしたーの方にあって有効になっていた。

構成デバイスは3種類。ファームも3種類。
1.機体フライトコントローラー(FC)・・・Beta Flight
2.機体ESC(モーターコントローラ)・・・BL HELI
3.送信機T8SG Plus・・・deviation
1と3を設定すればイケる。
できるようになったところで、いろいろやるのが正解だろうな。
基本的な設定は先人の知恵をお借りするとして、個人的なハマりポイント。

■バインドできない
機体:FRSKY-Dになっているか。
送信機:FlyskyとFrskyは別。空目注意。

■なんかレバーのレイアウトがデタラメ
機体:チャンネルマップをちゃんと選ぼう。
送信機:元あった設定をイジるのでなくリセットして素から作ろう。
送信機:それでも一部はリバース設定が必要。

■ARMあがらん・・ARMとは始動のことで、ココの悩み多い
Tの最小値が1000になっていない → 送信機:Scale調整(122とか125とか)
T以外は動く → 機体:「FLIP OVER AFTER CRASH」の設定確認。

■その他注意点
通電しっぱなしだとカメラがすごい発熱する → USBファンで冷やすとか。
MicroUSB の端子に相性がある → すごい硬いのとか入れると抜く時たいへん。
バインドボタンは爪楊枝がベスト → キャノピーつけたままいける。老眼注意。
よーく見ると4枚羽のはずが1枚3枚羽 → 中華なので・・

飛び立つまで3日かかってしまった。
今回はいろいろ難しかった。敷居高め。
ようやく動き出したが、まだまだ入り口に立っただけ。
オレたちの戦いはこれからだ。(まだ続くけど)
なのだが、明日から出張続きで飛ばしている時間なし・・

Mavic2 Zoom は国交省に申請を行った。
許可出るまで10日ぐらいって聞いている。
その間はどこか飛ばせるところ探す模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。