Actcast α版 を試してみたよ

なんかデバイスの登録でしばらく悩みました。
右上のアカウントメニューにチュートリアルを発見。

・どのご家庭にも転がっているラズパイと純正カメラを準備。
・今回は Zero + WiFiドングルに純正カメラをつけてみた。
・Add Dvice で Issue にテキトウな名前つけて Group Token 入手。
・専用の焼付ツールでMicroSDHCを焼く。
・先ほどの Group Token をぶっこみましょう。
・予想はしていたがproxy環境では使えない。
・HDMIで画面も出した方が楽しい。今回はHDピコレーザーを準備。
・省電力・コンパクト。だが暗い。暗すぎる。
・画像認識結果をプロジェクションマッピングしたらすごくね?
・まあ未来に期待ってことで。

とりあえずひとつ試してみた。
Movidius ついた AIY Vison Kit よりはちょっと重い?けど十分実用レベル。
こんなに熱く仕事をする Zero をはじめてみた。
あちこち写して振り回してたら熱?なのかな?でフリーズ。

今のだとオリジナルの学習モデルを追加できないので、とりあえず出されたお題で遊ぶ方法を考えるようだ。
喫煙室とか会議室に仕掛けて顔認識で人数数えたい。
人数x時間x時給で「その空間に1日いくらのカネが発生したか」。
クラウドにあげるのならサーボ首振りで、SfM とか使って、それでなんとか部屋のサイズも拾って、CO2とかにおいセンサーと組み合わせて分析すると楽しげ。(長い)
全天カメラ対応でアングルもカンペキになる。広がれ!妄想。
https://www.ricoh.co.jp/solution/360analysis/

最後は obniz 的な展開なのかもしれないけど、せっかく本体のみでいろいろ処理できているので、オフラインで使えまくるのを期待したい。
そういえば spressense もそんな感じのニューラルネットワークやりたげでしたね。

One Reply to “Actcast α版 を試してみたよ”

jmz にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。