GPD XD Plus を試してみる

3DSかよって感じの Android 端末。第2世代。

SoCは MediaTek の MT8176。Antutu で 77000ぐらい。
4Gのメモリ、32GBのストレージ、300gで、MicroSDHC が利用可能。
青みのある5インチ液晶で 1280×780 にバッテリ 6000mAh(でかい)。
AOSPベースの Android7.0。値段2万円ぐらい。
なにもかもが中庸な感じ。
エミュレータゲームをする層に向けた製品だが、この端末には他にない特徴がある。
・コントローラがついていてタッチ画面の入力を割り当てることができる
・HDMI出力端子がついている
アナログスティックも左右あるので、コレ使うと Tello の操縦できて、HDMI出力から2オペできるんでね?というアイデア一発企画。
HDMI出力 は先日買った HDピコレーザーの出力にも便利かなと思って。
HDピコレーザーは、そこら辺に転がっていた「EZ Cast Pro」という、変造版 Chromecast を使っている。
組み合わせとしては使い勝手いいけど、電源増えるのがスマートでないなと思っていた。
そこでこの GPD XD Plus ですよ。解像度もHDピコレーザーと同じだし。

見た感じはまんま 3DS だが、質感とか作りの精度はいつもの中華クオリティ。
置いてみるとちょっとガタガタしたりするぞ。
ヒンジの2段で止まらず、カチっとなるのは180度のところ。
まあそれなりに固いヒンジなので、途中で止めればいいんだと思う。

早速ブートしてみた → Google Play がつながらない。
カスタムROMとかにありがちなやつですね。
ググってみると、ファームウェアを更新することで動くようになる模様。
https://gpd.hk/gpdxdplusfirmware
「基盤にレビジョンがあってVRってついているのが新しいほうで・・」とか説明があるが、VRなくても新レビジョンだったりなかなかのデタラメ。
ウチの場合は OTA用のファイルをダウンロードして、GPD XP Plus にファイル転送。
OTAのメニューから Local Update するのが一番簡単な手順であった。
ファイル名は「XDS_EN_VR-v1.12-ota-1539771859.zip」を使う。
これで Google Play が動くようになった。

なんか著作権的にヤバげなアプリがたくさん入っている。
へんてこな情報もあがるかもしれないので、とりあえず削除する。
削除できないのは「無効化」してしまう。
残ったのはこんな感じ。

早速使ってみた。
結論から言うと「操作はできたが画面が写らん」という感じ。50点。
Tello の Android アプリは、機種によって動いたり動かなかったがあるので、まあバージョンアップに期待しよう。
惜しいなあ。最小限パックになったのに。

その他使ってみて思ったのは、イヤホンの出力が良い感じがする。
電池も大きいので、動画視聴機として優秀かも。画面小さいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。