DJI Digital FPVからHDMIがほとばしるぜ

JAPRADARさんで、衝撃の実況が昨日あった。
https://www.facebook.com/japradar/videos/533648860859902

DJI Digital FPV はこれまでも何度か記事にしてきた。
すごい未来な製品なんだけど、いろいろと敷居が高い。
デジタル映像の超美麗な FPV 映像を得られるが、録画性能はそれほどでもなく。
なおかつゴーグルの映像を外に出すことができなかった。
なかなか買って試してみないとわからない、微妙なところも多々ある。

それが先日のバージョンアップで改善。
DJI Digtal FPV のゴーグル映像を、スマート送信機(Smart Controller)に出力できるようになった。
スマート送信機は Androidベースの専用送信機で、主に Mavic2 で使う。
DJI Digital FPV に加えて、Phantom4 v2.0 も使えるようになったそうな。
DJI は機種ごとに開発が違うらしく、使い回しができない感じが強かったが、今回なんか連携してる?
それはさておき。

なんかこれを実現できるセットが奇跡的に手元に揃ってる。
スマート送信機は、HDMI の出力がついてて、これがすごく便利。
逆にこれを使いたくて、たかーいスマート送信機を使ってた。
そのスマート送信機に思わぬ機能追加。
改善つうか小出しだなーとはちょっと思う。

まず準備。
とりあえず DJI Digtal FPV のファームをあげる。
日本サイトでは配布されていないので、ロケールを米国にして専用の DJI Assinstant2 をダウンロード。
ゴーグルとプロポと Air Unit すべてを v01.00.0500 にファームアップ。
その後、スマート送信機のファームを v01.00.0700 にあげる。(DJI FPVとバージョン数が一致しないので注意)
こちらは IPアドレスから場所を確認しているのか OTA のアップデートが塞がれているっぽく、本体からはアップデートできない。
DJI Assistant の Mavic2 用を使って USB-C 接続して上げることができる。

Android のシステムアップデートと同じで、そこそこ時間とバッテリを食います。
これが全部できると準備は完了だ。

接続方法。すげえ手間です。
今回は、まっどさんと Discord に出力して評価するところまでやってみた。

1.ゴーグルから USB-C を挿し、スマート送信機に接続。
2.スマート送信機から HDMI 出力を PC に接続。
3.Discord で出力映像を共有。

このややこしさ。
ドローンに搭載した Air Unit は発熱するので、ファンで冷やしながら実験。
画面のアスペクト変更とかはゴーグル覗かないといけない。
しかし得られる映像は未来そのもの。
細かい映像チェックしてないですが、明らかに HD な美しい映像が出ています。
ちょっと試しましたが、設定変更とかには耐えない。
設定変更したい場合は、スマート送信機まで再起動するぐらいの勢いでやればOK。
なんか DVR 使うと描画廻り初期化されるとか、いろいろ「お作法」あるみたいですけど、そんなアルファ版に近い感じではあるようです。
こんな手間な Webカメラもちょっとない。

わかりにくいですが、段階的に遅延が入っている感じがつかめる感じの映像つけてみました。
操縦には難しいかもしれないですが、低遅延でリアルタイム映像を得られる貴重な環境と言えるでしょう。
・Air Unit から ゴーグルまでの遅延
・ゴーグルから USB-C でスマート送信機までの遅延
・スマート送信機から HDMI で PC への遅延(複合的で判断しにくい)
・PC から Discrod でネットを経由した遅延
(ちゃんと資格者が業務局開局の元やってますよ為念)

ということで、ザザっとまとめてみました。
次回はリアルタイム配信をやりたいっすね。未来!
今回のきっかけを与えて頂いた JAPRADAR さんに感謝です。
またよろしくおねがいします!