イマサラ Jetson nano 事始め

ジェットソーン。ドローン買わないうちに小遣い減ってく。

WebRTC Native Client Momo を使って感動したのは、昨年の6月だった。
WebRTC Native Client Momo がスゲエ
https://papalagi.org/blog/archives/635
その後、放置していたのだけど、今年はちょっと形にせんといかんばい。
ということで、まっどさんとゴソゴソ動き出した。


機体はこんな感じでやっつけだ。

動き始めると楽しくなってくる。形になるの重要。アイデアも出てくる。
WebRTC Native Client Momo は DataChannel を使ってシリアル通信する実装も始まるとのこと。
これっていろいろスゴくない?そう、非常に熱い瞬間である。
1/22 にセミナーがあるそうで、そちらが最新情報としてまとまっている。
https://github.com/shiguredo/seminar/blob/master/webrtc_seminar_2_handout_night.rst
気づいたのが遅すぎて参加できず。今後も追っかけたい。

で、Jetson nano だ。
コチラはなにかというと、NVIDIA が出してるゴツいラズパイ。
Geforce でおなじみの GPU が ARM の SoC に搭載されている。
そういうと難しそうだが、これは TegraX1 というコアで、Nintendo Switch や PixelC、AndroidTV とかに搭載されているもの。
それなりに枯れてる。GPUコアも Maxewell で1世代前だ。
それでも GPU 性能は他を圧倒しており、機械学習とかに最適。
映像解析によるラジコンカーの自動運転「Jetcar」では大活躍。
半年ぐらいで、スゴイ進化した。
https://github.com/NVIDIA-AI-IOT/jetracer

試したいのはあったのだけど、他に買うもの多く棚上げになっていた。
今回ラズパイでいろいろ実験するウチに、帯域やら遅延やら解像度やらFPSやら、いろいろ評価が必要と思い至る。
WebRTC Native Client Momo も Jetson nano に対応しており、その際は 4K/30fps を低遅延で送るというスゴさだ。
加えて年明けてから安売りがチラホラあり、品薄で悩んだのは昨年の夏だったかね・・と思いつつ購入。
そしたら買った日に新レビジョンが発表になった。
NVIDIA Jetson Nano Developer Kit-B01
https://www.cnx-software.com/2020/01/17/nvidia-jetson-nano-developer-kit-b01-gets-an-extra-camera-connector/
カメラコネクタが2本になってて、なんだそれスゴイ使えるやん・・とおもったがアフターカーニバル。
まあ枯れてるのも重要だよね、必要なら買い足せばいいよね。
ということで、早速セットアップしてみた。

導入については、からあげさんの記事がカンペキ。
https://qiita.com/karaage0703/items/0583528f1f9c34911a31
https://qiita.com/karaage0703/items/b14c249aa33112669ee4
早速システムイメージをSDカードに焼いて電源オン。
USB にキーボード挿したところで落ちた。
フルパワーで使うには 5v 4A の丸端子アダプタ使えってあったんだけど、売り切れであった。
手持ちの 5v 3A MicroUSB でやったら電源足りない模様。
挿し替えながら初期設定を済ませた。あとは SSH でやる。

OS はみんなおなじみの ubuntu 18.04。カッコイイ壁紙付。
普通のデスクトップとして使っても遜色ない。
ただ電源ボタンがないとか、RTC がないとか、WiFi がないとか、ラズパイ4をクライアント運用する時と代わり映えしないめんどくささはある。
まあ好きでもないとやらなそう。
馬力は圧倒的で、NVIDIAがドライバの類を揃えてくれるのはよい。
Docker で TensorFlow 環境もラクチン。

今回はココまで。